社長引退後の会長/相談役就任のお祝い状(儀礼的_客先宛)文例と書き方

社長引退後の会長/相談役就任のお祝い状(儀礼的_客先宛)文例

社長引退後の会長/相談役就任のお祝い状(儀礼的_客先宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(謹啓/拝啓) ΟΟの候、(貴社/ΟΟ様におかれましては、益々ご(清祥/隆盛)のこととお慶び申し上げます。
平素は、(毎々/格別の)ご(高配/愛顧/懇情)を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
さて、この度は、(相談役/(代表取締役)会長)にご就任された(とのことで/との由)、心よりお祝い申し上げます。
または
承りますれば、(この程/今般/次期株主総会にて/○○様には、)代表取締役社長を(退かれて/ご退任され/ご勇退されて)(相談役/会長)ご就任(になる/との)とのことで、謹んでお祝い申し上げます。
 
これまでの社長として重責を(恙なく/比類ない能力と卓越した統率力をもって)全うされましたこと、慶賀の至りに存じます。
または
○○様が社長在任期間に貴社のご発展は(めざましく/賞賛に値するし/業界でも注目されており)、(ご退任を惜しむばかりです/まだまだそのお力を発揮していただきたいというのが、正直な思いであります)。
または
社長を退かれ後は、(○○県○○経済同友会の会長として/業界の発展に貢献すべく)○○に(専念/ご尽力)されるとのことで、益々ご活躍の場が広がりることは、私どもとしても誠に喜ばしく存じます。
または
社長ご退任後は、(相談役としてその豊富な経験を(後進/新体制となった幹部の方々)にご(指導/教授/伝授)されるとのことで/○○新社長の良きアドバイザーとして相談役にご就任とのことで)、誠に心強く存じます。
 
このうえは、くれぐれも(ご健康に重々ご留意され、益々のご活躍/一層のご活躍とご発展)を心よりお祈り(申し上げます/いたすとともに、これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願申し上げます)。
または
今後は、(業界の発展のため/○○の○○という)重責を担われると存じますが、くれぐれもご自愛の上、(一層の/更なる)ご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 
なお、(会長/相談役)ご就任(への祝意を表したく、/のお祝いとして)別便にてささやかな品をお送りいたしましたので、どうかご笑納くささい。
 
(近々に参上いたしてたく存じます/拝眉にてご祝辞を申し上げるべきところではあります)が、まずは、書中にてお祝い申し上げます。
または
(まずは/略儀ならが)、書中をもってお祝いまで申し上げます。

敬 白/敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長 ОΟОΟ

株式会社 ОΟОΟ
(代表取締役)(会長/相談役) ΟООΟ 様

<宛名/差出人等の書き位置は縦書を想定>


2月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

2月上旬
厳寒の候
余寒の候
立春の候

2月中旬
残寒の候
残雪の候
晩冬の候

2月下旬
春寒の候
寒風の候
梅花の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について