新装開店(個人商店_知人/友人宛)のお祝いメール文例と書き方

新装開店(個人商店_知人/友人宛)のお祝いメール文例

新装開店(個人商店_知人/友人宛)のお祝いメール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(新装開店おめでとう/やっと再開ですね。おめでとう/新装開店のお祝い)


ΟООΟ (様/さん/君)
 
(ついに/晴れて)(再開/開店/新装開店)ですね。おめでとう(ございます)。
 
ずっと再開するのをまってましたよ。
○ヶ月も店閉めて大がかかりな改装をするなんて、(思い切ったね/すごいな)。それだけ、新しいお店に(自信/かける意気込み)が感じられて、僕も新しいお店がどうなってるか楽しみだよ。 近い内に(仲間/同僚)も誘っていくよ。
これからが大変だけど、(頑張れよ/体に気を付けて仕事に励んでください)。
新装開店のお祝いまで。
 
または
 
○○で復旧に(時間がかかって/は、いろいろ難しいこともあったて)とても辛かっただろうね。
でも、こうして再開ができてこれから前以上に張り切った頑張ろうと思っているだろうけど、(体が資本/○○があってのお店)だからくれぐれも無理はしないで、体だけは気を付け(ろよ/てください)。
(僕/俺)も○○(さん/君)の(お店がうまくいくように/活躍を)(陰なら/心から)祈っておきます。
取り急ぎ、○○(さん/君/先輩)にお祝いの一言だけでもとメールしました。
 
または
 
この度は、(お店を改装して新たにスタート/新装開店)されるとのことで、おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。
 
(お店の雰囲気を(北欧風のシックな内装にされた/この度の改装でより多くの商品を取り扱うことができるようになつた/○○で壊れていた箇所を修繕して、かつ内装も凝ったデザインにした)そうで、早くお店にお伺いしたと思ってます。
または
新装開店のために(かなり頑張っておられた/以前からずっと準備を進めてられていた)(とお聞きしました/そうですね)。
その(努力が実って/頑張りで)この良き日を迎えらて、(感慨/喜び)もひとしおでしょね。
○○(さん/様)の並々ならぬ(ご努力/意気込み)がつまた新たな店となったことでようから(これまで以上の繁盛は間違いないと思います/益々お客が多くなると思います)。
私も、これまで以上にお店に足を運びたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。
 
なお、ご開店のお祝いとしまして、(お花を/心ばかりの品を別便で)お送りいたしました。おご笑納ください。
 
(近々/週末)にお祝いがてらお店にお伺いさせていただきますが、まずは、ごお祝いまで申し上げます 。
 
*************************
      署名
*************************


2月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

2月上旬
厳寒の候
余寒の候
立春の候

2月中旬
残寒の候
残雪の候
晩冬の候

2月下旬
春寒の候
寒風の候
梅花の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について