栄転のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例と書き方

栄転のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例

栄転のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 ○○の候、○○様には、益々ご(健勝/壮健/活躍)のこととお慶び申し上げます。平素は、格別の(お引き立て/ご愛顧)を賜り、心よりお礼申し上げます。
 
さて、○○様には、この度(本社の○○へ/○○支店の支店長/○○)ご栄転との由、ご同慶の至りと存じ、衷心よりお祝い申し上げまます)。
または
(さて/承りましたところ)、ΟΟ様には、(本社の○○へ/○○支店の支店長/○○)ご栄転されるとのことで、心よりお祝い申し上げます。
 
思い起こせば、○年前当地にご着任されてから(幾度となく/事あるたびに)(ご尽力/ご支援/有益なご助言)を賜り、(問題を解決させて/急場をしのがせて)いただきました。(そのご恩に感謝の言葉しかございません/○○様の(実行力/お力/○○)には、その都度感服いたしました)。
この度、○○へのご栄転とのことで、(○○様の(実力があれば/当地の実績からすれば)当然で、遅過ぎてたくらだと感じております/日頃の(熱心な/親身な)お仕事ぶりが、評価されたものと(感じて/存じ)ます)。
○○様であれば、○○でも(更に飛躍/(より一層/益々)ご活躍)されると確信いたしております。
○○様には、(変わらぬ/今後とも倍旧の)(ご交誼/ご高配/ご厚情)を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
または
 
○○(様/支店長様)には、(何かとお世話になり/公私ともにご懇意にしていただき)、大変(感謝しております/ありがたいことと思っておりました)。○○様の(私どものようなものにも(親身な/分け隔てのない)ご対応/(お優しいご対応/皆に愛されるお人柄/仕事熱心さ)には、いつも敬服してしておりました)。
○○様が、○○の地を(去られる/離れる)のは、(誠に/本当に)(寂しく思っております/残念でたまりません)。(とはいえ、ご栄転されるのは/しかし、○○様のことですからご栄転されるのは)当然ですから私ともとしましても心よりお祝いを申し上げます。また、これまでの(ご恩/○○様のご厚情)に対しまして深くお礼申し上げます。
○○(は、寒い/となると、更にお忙しくなること)でしょうから(くれぐれもご自愛/ご健康に重々ご留意されて)ください。
○○様の(益々のご活躍/一層のご活躍とご発展)を心よりお祈り(申し上げます/いたすとともに、これからも変わらぬご(交誼/厚情)を賜りますよう宜しくお願申し上げます)。
 
(まずは、/甚だ)略儀ながら書中をもって、(ごれまでのご恩への感謝/お礼)とご栄転のお祝いを申し上げます。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

株式会社 ОΟОΟ
ОΟ支店長 ОΟОΟ

株式会社 ОΟОΟ
(役職) ΟООΟ 様

<宛名/差出人等の書き位置は縦書を想定>


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

お祝い状文例と書き方

各種お祝い状の文例と書き方一覧とお祝い状関連コンテンツです。

お祝い状文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について