社長退任(創業者引退) 挨拶状/挨拶メール 文例

社長退任(創業者引退) 挨拶状/挨拶メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

社長退任 挨拶メール 文例(創業者引退)


件名:(社長退任のご挨拶/〇日をもって社長を退任することとなりまいた)


株式会社〇〇〇〇
(代表取締役社長/〇〇部) 〇〇〇〇 様
 
株式会社〇〇〇 〇〇です。
 
この度、私は(体力の限界もあり/息子も育ったので/体調がすぐれませんで)、〇月〇日をもちまして株式会社〇〇〇〇の代表取締役社長の任を(退く/退き代表権のない相談役/顧問に就任する)こととしました。
創業以来〇年の永きにわたり弊社に温かいご支援、お引き立てを賜りましたこと心より感謝申し上げます。
 
今後は、現(専務/副社長)の〇〇〇〇が社業の発展に尽くしてまいりますが、何卒、これまでと変わらぬお引き立てを賜りますようお願申し上げます。
 
本来であれば参上すべきところですが、社長(退任/退任と(会長/相談役/顧問)就任)のご(挨拶/報告)まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

社長退任 挨拶状 文例(創業者引退)

謹啓 〇〇の候、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご(高配/厚誼)を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、私こと〇月〇日をもちまして株式会社〇〇〇〇の代表取締役社長の任を(退く/退き代表権のない相談役/顧問に就任する)こととなりました。
創業以来〇年の永きにわたり弊社に温かいご支援、お引き立てを賜りましたこと心より感謝申し上げます。
今後は、現(専務/副社長)の〇〇〇〇が社業の発展に尽くしてまいりますが、何卒、これまでと変わらぬお引き立てを賜りますようお願申し上げます。
本来であれば参上して、ご挨拶申し上げるべきところ、甚だ略儀ではありますが、書中をもちまして退任のご挨拶申し上げます 。

敬 白

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
代表取締役社長 〇〇〇〇

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項