個人商店の閉店の挨拶状文例と書き方

個人商店の閉店の挨拶状文例

個人商店の閉店の挨拶状(事業継承会社の案内)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

お客様 各 位

拝啓 
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
(突然ながら/この度/甚だ勝手ながら)、ΟΟΟΟ商店は平成Ο年Ο月Ο日をもちまして閉店することとなりまた。
(この地に○○商店を開店して○年もの間(地域の皆様に支えられ/皆様に可愛がっていただき)/地域の皆様に支えられて/皆様のご支援に支えられて)(営業を続けて/○○を営んで)まいりましたが、(諸般の事情/大型店の進出等による営業不振/私も既に○才を超え、営業を続けることが難しくなったこと)により閉店(を決意したした次第です/を余儀なくされましたことをお詫びいたします)。 また、これまでご(支援/愛顧)を賜りました皆様には衷心より感謝申し上げます。
(取り急ぎ、/略儀ではございますが、書中をもって)閉店の(ご報告とお礼/ご挨拶)まで申し上げます 。

敬 具

平成 年 月 日

  ΟΟΟΟ商店
  店主 ОΟОΟ

-応用可能な文例-
廃業のお知らせ 廃業のご案内 廃業のご連絡 廃業のご通知

10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について