各種届出>被災届(火災)文例と書き方

被災届(火災)文例/書き方

被災届(火災)の文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

        殿

提出日 平成  年  月  日
氏  名             印

被災届

О月О日に発生した(火災/森林火災/近隣火災/住宅火災/アパート火災)により、以下のとおり(被災し/自宅を焼失し/自宅アパートが焼失し/自宅の一部に被害があり)ましたので、ここに(お届け/申請/報告)いたします。
 
1.所   属
 ОΟΟ部ΟΟ課ΟΟΟΟ
2.(被災/火災発生)年月日
 平成  年  月  日О時頃
3.(被災/火災発生)の状況及び原因
 例)
 О月О日О時頃、自宅О階の(居間/台所/ΟΟ)から出火し、(自宅を(全焼/半焼)した/自宅を半焼、納屋/車庫及び車を焼失した)。なお、私及び家族一同怪我もなく無事であった。
出火原因は消防と警察で調査(中ではあるが/によれば)、(ОΟの消し忘れ/ΟΟから引火した/ΟΟО)と(考えられている/のこと)。
または
 О月О日О時頃、自宅隣の民家から出火し、(数分で/火の勢いが強く)自宅にも火が燃え移り(自宅を(全焼/半焼)した/自宅を半焼、納屋/車庫及び車を焼失した)。なお、私及び家族一同怪我もなく無事であった。
出火原因は消防と警察で調査(中ではあるが/によれば)、(最近多発している/何者かによる)放火ではないかとのこと。
または
 О月О日О時頃、自宅(隣の山林/近くの山林に落雷があり、そこ)から出火し、(数分で/火の勢いが強く)自宅近くまで火の手が迫り消防が類焼を防ぐために放水をおこない(自宅の焼失は免れたものの(家財道具/電子機器等の家電品)が水で使用不能となった/自宅の一部が損壊し、中の家財道具も使えなくなった)。なお、私及び家族一同怪我もなく無事であった。
出火原因は消防と警察で調査(中ではある/によれば)、(乾燥による自然発火/焚き火の不始末/落雷による発火)と(考えられている/のこと)。
4.概算(被害/損失)額
 例)
 家財等の被害     ¥0000万円
 家屋の被害(修復費用)¥0000万円
 その他、損失又は損害 ¥0000万円
 総額 ¥0000万円
 
(落雷/自然発火の森林火災等の場合)
5.罹災証明の有無
 □無 □有 罹災の種別:(全壊/半壊/ΟΟ)
 
備 考
(例)
 (家屋の片付け/事後処理)の為、(数日/О日迄)休ませていただきたく、ご配慮の程よろしくお願いいたします。


 
 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortalメール&手紙文例集と書き方 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について