開店の通知書(新店舗_顧客宛)文例と書き方

開店の通知書(新店舗_顧客宛)文例

開店の通知書(新店舗_顧客宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

お客様 各 位

平成 年 月 日
ΟΟΟΟ
代 表 ΟΟΟΟ

謹啓
○○の候、ご一同様におかあれましては、いよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、ΟΟΟΟの(第二号店として/新店舗/姉妹店として)「ΟΟΟΟ」を下記のとおり開店する運びと相成りました。これもひとえに皆様方のご愛顧の賜物と感謝いたしております。
今般開店いたしました(第二号店/新店舗/姉妹店)は、(○○をメインに/イタリアンの専門店として/安くて美味しい気さくな食堂をコンセプトに)多くの皆様に愛されるよう、ΟΟシェフ以下従業員一丸となって努力をいたす所存でございますので、 (○○同様ご愛顧/今後とも、より一層お引き立て)を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書面をもちましてご案内申し上げます 。

敬 白

新店舗
ΟΟΟΟ
シェフ ΟООΟ
  〒000-0000
  ΟΟ県ΟΟ市ОΟО1-1
  電   話 000-000-0000
  ファックス 000-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

通知書文例と書き方

各種通知書の文例と書き方一覧と通知書関連コンテンツです。

通知書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について