懲戒解雇通知書 内容証明 文例

懲戒解雇通知書の内容証明 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

懲戒解雇通知書(横領)内容証明文例


通知書

当社の調査で貴殿は、令和〇年〇月〇日頃から数回にわたり入金伝票の改ざん、架空請求の捏造等の不正な経理操作により、少なくとも〇〇〇万円を横領した事実が明らかとなった。貴殿のそのような行為は、当社の就業規則第〇条に反することは無論、法令をも犯している。
よって、令和〇年〇月〇日付けで懲戒解雇とすることを決定し、その旨ここに通知する。
また、横領した金員のについては、返還請求をする準備を進めている 。

令和〇年〇月〇日

以 上

東京都新宿区〇〇〇
株式会社〇〇商事
代表取締役社長
〇〇〇〇  印

東京都港区〇〇〇
〇〇〇〇 殿

 懲戒解雇であっても解雇予告を30日前にしなければ解雇予告手当を支払う必要があります。 その支払いを免除するためには、労働基準監督署長の認定がを受けなければなりません。 その際、解雇予告除外認定申請を提出します。管轄の労働基準監督署に確認ください。

関連文例一覧

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項