病気経過(悪化_家族から関係先宛)_通知文例と書き方

病気経過(悪化_家族から関係先宛)_通知文例

病気経過(悪化_家族から関係先宛)_通知文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(団体名)ΟОΟО
(役職) ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

(拝啓/急啓) 
(時下/○○の皆様におかれましては)ますますご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度(お便りいした/ご通知いたしました)のは、(他でもない私の/私の/私どもの)(祖父/祖母/父/母/妻/夫/長男)○○のことで(緊急に/内々に/取り急ぎ)お伝えしたいことがあってのことです。
または
前略
この度(ご連絡/お便り)いたし(た/ました)のは、他でもない(祖父/祖母/父/母/妻/夫/長男)○○のことで(緊急に/内々に/取り急ぎ)お伝えしたいことがあってのことです。
(実は/実を申しますと/突然のことですが)、(○○で入院中の/以前より入院しております/療養中の)○○が、 (先日/昨日/過日)、(容態に急変をきたし/新たな○○がみつかり/再び○○の手術を受けることとなり/薬の副作用のため意識が薄くなり/○○な状態となり)まして、 (現在もなお容態が安定しておりません/緊急手術をうけました/そのための準備や検査を受けております/一般病棟から集中治療室に移されました/意識はあるものの○○な状態です)。
(医師/先生)(の話で/から)、(大事に至ることはない/直に落ち着くだろう/本人の意識ははっきりしているから安心していいだろう/難しい手術ではない/状態は良くなりつつある/本人が前向きに治療に専念しているから治りも早いだろう)(とのことなので/と聞き)、 (私ども/私/家族)としても(安堵いたしましたが/心配はしておりませんが/安心しましたが)、 (まず、/取あえず、/常々ご心配いただいてる/他ならぬ)○○(様/さん)にだけは(この状況/内々にですが、このこと)を(お伝え/お知らせ)(した次第です/することにいたしました)。
または
(今は/今のところ)、(特に心配する必要はない/大事に至ることはない/更に状態が悪くなることはない)(とは思いますので/と医師も申しております/と信じてます)ので、(○○/皆)様におかれましても(まずはご安心/ご休心/ご心配なされないで/○○の回復を信じていて/○○の全快をお祈り)(ください/くださいませ/いただければ幸いです)。
(なお/また)、(これからも経過は/何か変化がありましたら)ご(連絡/報告)(申し上げます/をさし上げます)。
(誠に簡単ではありますが/取り急ぎ)、(近況/経過/容態急変)のご(報告/通知)(を申し上げました/をいたしました/をいたした次第です/まで)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について