転院通知文例(重篤_家族から義父母宛)と書き方

転院通知文例(重篤_家族から義父母宛)

転院通知文例(重篤_家族から義父母宛)と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

(お父様へ/お母様へ/ΟООΟ様)

前略 この度(ご連絡/お便り)いたし(た/ました)のは、他でもない(妻/夫/長男)ОΟ(さん)のことです。
(実は/突然ですが/驚かせて申し訳ないですが)、(О日に/来週には/近いうちに)(転院しました/転院することになりました/転院して手術することになりました)。
これまでも、お知らせ(してましたとおり/していましが)、ОΟ(さん)(の状態は良くなく/の容態は芳しくなく/の病状は更に悪化し/の容態は安定はしているものの改善がみられませんで/の病状では、これ以上の処置ができないとのことで)、 (医師の薦めで、/病院の都合もあり、/一途の望みを託して、ОΟでは日本屈指の名医であるОΟ先生のいるОΟ病院へ/最先端の治療が受けられる大学病院へ/ΟΟの設備がある病院へ)転院することとに(しました/なりました/決めました)。
今はまだ、(検査の最中で先行きは良く分かりません/どうなるか分かりません/手術できるかすら分かりません)が、 (命にかかわることではないです/皆がΟΟの頑張りを信じています/名医のОΟ先生です)から、 (まずは/今のところ)は、(あまりご心配なさらないでください/ご安心ください)。
または
今回の転院は、(本人の希望でもあり/本人も含め家族で相談して)、今度のОΟ病院が(これから/今後/残り)の(治療/療養)をするうえで、(一番良い/最良の選択)と(思って/判断して)(のことな/決めました)ので、 (どうか/何とぞ)、ご(承知くださいませ/(了解/理解)いただきますようお願いいたします)。
(急なことで/いろいろありまして/ご心配をおかけしたくなく)、(お父様様/お母様)(方)へのご(連絡/報告)が遅くなり(まして申し訳ございませんでした/ましたこと、どうかお許しください)。
(今後とも、経過は逐次/転院しましたら、また)ご連絡(いたします/申し上げます)。
(取り急ぎ/まずは/遅くなりましたが)転院のご連絡まで。

転院先
ОΟ病院 (ОΟ科/第О病棟ОΟ号室)
住所 ОΟ県ОΟ市ОΟ0000-00
電話番号 000-000-0000

早 々

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について