転院(重篤_家族から知人宛)_通知文例と書き方

転院(重篤_家族から知人宛)_通知文例

転院(重篤_家族から知人宛)_通知文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

前略
この度(ご連絡/お便り)いたし(た/ました)のは、他でもない(祖父/祖母/父/母/妻/夫/長男)○○のことで(緊急に/内々に/取り急ぎ)お伝えしたいことがあってのことです。
(ΟΟ様もご存知のとおり、○○で入院中の/以前より入院しております/療養中の)○○が、(○日に/来週には/近いうちに)(転院しました/転院することになりました/転院して手術することになりました)。
(実は/突然ですが/驚かせて申し訳ないですが/これまでも、お知らせしてましたとおりましたが)、○○(の状態は良くなく/の容態は芳しくなく/の病状は更に悪化しており/の容態は安定はしているものの改善がみられませんで/の病状では、これ以上の処置ができないとのことで)、 (医師の薦めで、/病院の都合もあり、/一途の望みを託して、○○では日本屈指の名医である○○先生のいる○○病院へ/最先端の治療が受けられる大学病院へ/○○の設備がある病院へ)転院することとに(しました/した次第です/決めました)。
今はまだ、(検査の最中で先行きは良く分かりません/どうなるか分かりません/手術できるかすら分かりません)が、 (命にかかわる訳ではありません/皆が○○の頑張りを信じています/名医の○○先生です)から、 (まずは/今のところ/当面)は、(あまりご心配なさらないでください/ご安心ください/ご心配には及びません)。
または
今回の転院は、(本人の希望でもあり/本人も含め家族で相談して)、今度の○○病院が(これから/今後/残り)の(治療/療養)をするうえで、(一番良い/最良の選択)と(思って/判断して)(のことですが/決めましたが)、 ΟΟ様に(は/おかれましても)、(どうか/何とぞ/これからも)(○○を励ましていただきたく存じます/○○の回復を一緒に祈っていいただきたますようお願い申し上げます/○○の頑張りを信じていただければ幸いに存じます)。
(急なことで/いろいろありまして/ご心配をおかけしたくなく)、ΟΟ様(方)にご(連絡/報告)が遅くなり(まして申し訳ございませんでした/ましたこと、どうかお許しください)。
なお、(経過は逐次/転院しましたら、また)ご(連絡/報告)(申し上げます/をさし上げます)。
(誠に簡単ですが/取り急ぎ)、転院のご連絡(を申し上げました/をいたしました/をいたした次第です/まで)。

転院先
○○病院 (○○科/第○病棟○○号室)
住所 ○○県○○市○○0000-00
電話番号 000-000-0000

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について