退院通知文例(重篤_親から学校宛)と書き方

退院通知文例(重篤_親から学校宛)

退院通知文例(重篤_親から学校宛)と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ΟООΟ 先生へ

前略 この度は、私ども(娘/息子)ОΟの(入院/病気/怪我/病気療養)で、(ОΟ先生をはじめクラスの皆さんにたいへんなご心配/ΟΟ先生には、多大なるご配慮)をいただき、(ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/ご心配をおかけしましたが)、(先日/過日/О日に)(晴れて/無事に/やっと/まずは)退院(いたしました/しました/できました)。 (この先/暫らくは/当分は)、(自宅療養/通院治療/リハビリ治療/ΟΟ)が必要ではありますが、ここまで(回復でき/これて)、(私ども/私/家族)も(安堵/安心)(いたしまた/しております)。
ОΟ先生をはじめクラスの皆さん(からいただいた励ましのメッセージ/のお見舞い)が、ОΟをどれたけ(助けた/勇気付けた/励ました)かわかりません。(ここに改めまして)(皆様/皆さん)方(へ心から感謝申し上げます/にお礼申し上げます。本当にありがとうございました)。
また、(暫らく/当面/完治するまで/О月くらい)は、(リハビリ/ΟΟ治療/不自由な生活)が続きますので、(皆様/皆さん)方にはОΟへの(ご支援/応援/励まし)をよろしくお願い(いたします/申し上げます)。
または
なお、(暫らく自宅療養をしてから/ΟΟから/お医者様の許しが出たら)学校へも行かせますが、その折には改めてご連絡いたします。
(誠に簡単ですが/まずは/取り急ぎ)、ОΟ退院のご(連絡/報告)(まで/をさし上げました)。

早 々

平成Ο年Ο月Ο日

Ο年Ο組 ΟООΟ
(父/母)ΟООΟ

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について