病気療養(軽微_親から学校宛)_通知文例と書き方

病気療養(軽微_親から学校宛)_通知文例

病気療養(軽微_親から学校宛)_通知文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 先生へ

前略
この度は、私どもの(娘/息子)○○のことで(ご連絡/ご通知)いたしました。
(実は/突然のことですが)、(昨日/昨夜/先日より/昨日急に)(体調を崩し、病院を受診しましたところ/高熱がでて救急病院に行きましたところ○○と診断され、/定期的に受診している病院で/○○をしているとき(○○に怪我をし/○○を骨折し)、)(○○なので数日自宅で安静にするように/他の児童にうつす可能性もあり、学校へ行くのを控えるように/検査結果が出るまでは暫らく自宅で待機するように/腫れが引くまで自宅で療養するように)、医師に(云われました/指示されました)ので、(数日/今週/○日)お休みさせ(たいと思います/ます)。
(今は/現在は/今朝は)(もう元気にしていますので、ご心配には及びません/もうかなり回復してます/特に体調が悪いこともない/痛みもないようですな)ので、○○先生も(どうか/どうぞ)、(ご心配なさらないでください/ご安心ください)。
(医師からの許可が出ましたら、またご連絡さし上げます/経過はまたご連絡いたします/学校に行けるくらいに回復しましたら、ご連絡いたします)が、(取り急ぎ/まずは)○○の(病気/怪我)のご報告と病欠のご連絡まで。

早々

平成 年 月 日

Ο年Ο組 ΟООΟ
ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について