交通事故見舞(重篤_友人)_お礼状文例と書き方

交通事故見舞(重篤_友人)_お礼状文例

交通事故見舞(重篤_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度はの(思いもよらぬ事故/突然に事故/○○の交通事故)による(入院/怪我)で、(お見舞状/心強い励まし/わざわざお見舞いにきてもらった)ばかりか、(心遣い/お見舞い/見舞いの品)までも(いただき/もらい/送ってもらい)、(とても感謝してます/ありがとう)。
今回の事故は、(相手の車の信号無視が原因で/相手が一方的に悪く/信号待ちで止まった俺の車に後ろから追突されからで)、(なんとも不運なことだよ/予想できなかったよ/どうにも避けることもできなかったよ/僕にはどうすることもできないまま事故に巻き込まれてしましたよ/悔しいてしかたがないよ)。
事故後直ぐに(入院し/手術をし/病院に搬送され)、(病状/容態/状態/経過)は(安定しているけど/まだ○○するもできないが/まだ傷口が痛むけど/再度の手術が必要だけど/まだ完全に体の自由がきかないけど)、(命にかかわる程ではない/優秀な医療スタッフが揃っているところだから/時間が経てば治るとのことだから/リハビリで回復するとのことだから/治療に専念してるから)、 (○○/君)も(安心してくれ/これ以上は心配しないでいいよ)。
それと、(お見舞いをもらっておきながら/入院中は中々思うようにならなかったのもあって)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなってしまい(申し訳なかったね/許してくれな/勘弁してくれな)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。
または
事故後直ぐに(入院し/手術をし/病院に搬送され)、(病状/容態/状態/経過)は(安定はしてます/未だ小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/手術が必要とのことです)が、(必ずや治ると信じております/優秀な医療スタッフの皆さんに全てを任せております/○○さんをはじめ多くの方の励ましに応えなければと思っております/万一のこととはないと強く信じてます/本人の意識もはっきりしています)ので、 (何とぞ/どうか)、○○さんも(今のところ/当面は/まずは)(安心/心配なさらないで)ください。
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、遅くなり申し訳なかったのですが、○○になり代わり(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)を申し上げ(ました/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について