交通事故見舞(重篤_親戚)_お礼状文例と書き方

交通事故見舞(重篤_親戚)_お礼状文例

交通事故見舞(重篤_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ事故/突然に事故/○○の交通事故)での(入院/怪我)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越し)(賜り/いただき)、(深く感謝しています/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度はの(思いもよらぬ事故/突然に事故/○○の交通事故)による(入院/怪我)で、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状を/励ましのお言葉を/お見舞いにお越し)いただいたばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵な○○)まで(賜り/いただき)、(たいへん感謝いたしています/ありがとうございます/心からお礼申し上げます)。
事故は、(相手の車が信号無視で交差点に進入したことが原因で/相手が一方的に悪く/信号待ちで止まった○○の車に後ろから追突されたためで)、(なんとも不運なことでした/予想だにしないことでした/私にどうすることもできないまま事故に巻き込まれてしまいました/悔しいくて仕方ないばかりです)。
事故後直ぐに(入院し/手術をし/病院に搬送され)、(病状/容態/状態/経過)は(安定しているものの/未だ○○することはできません/未だに傷口が痛みます/再度の手術が必要とのことです/まだ完全には体の自由がきかないです)が、(命にかかわる程ではありません/優秀な医療スタッフが揃っているところです/時間が経てば治るとのことです/リハビリで回復するとのことです/日々治療に専念しています/本人の意識もはっきりしてます)ので、 (何とぞ/どうか)、(叔父様/叔母様/○○さん)(も/におかれましても)(ご安心/ご休心/ご心配なさらないで)ください。
または
事故後直ぐに(入院し/手術をし/病院に搬送され)、(病状/容態/状態/経過)は(安定はしてます/未だ小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/手術が必要とのことです)が、(必ずや治ると信じてます/優秀な医療スタッフの皆さんに全てを任せてます/叔父様をはじめ多くの方の励ましに応えなければと思っています/万一のこととはないと強く信じてます)ので、 (何とぞ/どうか)、(叔父様/叔母様/○○さん)(も/におかれましても)(今のところ/当面は/まずは)(ご安心/ご休心/ご心配なさらないで)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/この様な状況でもあり/入院中の身で自由がきかず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
または
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、遅くなり申し訳なかったのですが、○○になり代わり(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)を申し上げ(ます/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について