看護/介護見舞(親戚)_お礼状文例と書き方

看護/介護見舞(親戚)_お礼状文例

看護/介護見舞(親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(父/夫/長男○○)の(病気/療養/怪我)に際して、(温かいお見舞状を/ご温情を/ありがたいお手紙を)(頂戴し/いただき)、(深く感謝いたしております/厚くお礼申し上げます/ありがとうございます)。
(私がこの介護をはじめてから/何時も/折にふれ)、(いろいろと/何かと)(お気遣いを/お心遣いを/優しい言葉をかけて)いただくごとで、私がどれだけ(励まされ/勇気づけられ/助けられ)ているか分かりません。(叔父様/叔母様/○○さん)の(温かいお気持ち/優しさ)に(いつも/今更ながら)感謝(しています/しております)。
(この先どの位このような状態が続くか分かりません/当面は○○の介護をすることとなります/先がみえない状況ではあります)が、(辛い治療を続ける本人のためにも、私は絶対に挫けません/何としてもこの介護をやり抜く覚悟です/必ずや○○の病気が治ると信じて介護を続けます)ので、(どうか/何とぞ)、(叔父様/叔母様/○○さん)には、(これまで同様の/これまでのように)(ご温情/ご助言/ご支援)を(いただき/賜り)ますようお願いいたします。
または
前略
この度は、(父/夫/長男○○)の(病気/療養/怪我)(で/では、)(お見舞を/励ましのお言葉を/貴重なアドバイスを/お見舞いにお越し)(いただき/もらい)、(本当に感謝いたしています/ありとうございます)。
(幸い/何とか/お陰様で/今では/その後/あの時より)、(父/夫/長男○○)の(容態/状態/病状)は(当初の頃より良くなって/安定してて/少しずつではありますが快方に向かってて/まだ、以前と同じとはいきませんが、大方自分で何でもできるようになりつつあって/ΟΟ様の励ましにも助けられて、本人が治療に前向となとなって)、(介護のほう/私自身/介護にかかる負担/精神的に)(もかなり楽になりますした/も負担が少なくなってます)ので (叔父様/叔母様/○○さん)には(ご安心/ご休心/ご心配をせれないで)ください。
(しかし/とは申しましても)、(私自身が挫けそうになるやもしれません/状態が変われば、また介護も大変になるかもしれません/これからも暫らくは介護を続けることになります)ので、(○○共々励ましてください/その時にはまた、勇気づけていただければありがたいです/今後とも、ご支援の程よろしくお願いいたします)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、((叔父様/叔母様/○○さん/皆様方)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について