お見舞い(快気報告_重篤_知人)_お礼状文例と書き方

お見舞い(快気報告_重篤_知人)_お礼状文例

お見舞い(快気報告_重篤_知人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(ΟΟ様におかれまして/○○さんに)は益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ/何度も/何かと/いろいろと)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い/お見舞いにお越し)(いただいた/賜った)ばかりか (お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵な○○)まで頂戴いたし、(心より感謝申し上げます/たいへん恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(○○/皆)様(に/にで)ご心配をおかけした(うえに/にもかかわらず)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い)まで(いただき/賜り)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりますた/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(当初は先がみえず悲観もしていましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしてましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めもしましたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(ΟΟ様/○○さん/多くの方々/○○さんをはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(今後は/これからは)、(再発しないように日々の生活に注意して/長い闘病で落ちた体力を回復させることに専念して/この様なことが二度とないように心がけて)(いきたいと思ってます/まいる覚悟です)。
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/を申し上げた次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(○○/皆)様におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について