お見舞い返し 送り状/メール 文例と書き方

お見舞い返しの送り状/メール 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_知人宛)


件名:(お見舞いお礼と(全快/退院)のご報告/お見舞いありがとうございました/ご心配をおかけしましたが、無事(全快/退院)しました/(全快/退院)のご報告)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(お(寒う/暑う)ございます/ΟΟな季節とはなりました)が、(その後/あれから)(いかがお過ごしでしょうか/お変わりございませんか/相変わらずのご活躍、何よりに存じます)。[省略可]
または
(ΟΟ様/ΟΟさん)には益々ご(健勝/壮健/清祥)(のこととお慶び申し上げます/とのこと、何よりに存じます)。
 
(この度/先日/過日)は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励まし/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(心より感謝申し上げます/たいへん恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
 
(お陰様で/幸いにして)、(無事に退院いたしました/元通りに完治しました/近日中に仕事へ復帰することになりました/数日の入院で退院し、もう大丈夫です/今は元気になりました)。
 
私の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(ΟΟ様/ΟΟさん)にも大変ご心配をおかけ(し、/しまいましたこと、改めまして)(お詫び申し上げます/本当にすみませんでした/誠に申し訳ございませんでした)。 (今後は/これからは)、(健康管理に留意/無鉄砲なことはしない様に注意/この様なことの無いよう)(してまいる所存/します)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/お許し)ください。
 
つきましては、(快気のご報告かたがた/ご心配をおかけしたお詫びとお見舞いへ感謝のしるしとして)(快気祝いの品/さなやかな内祝い)を(別便にてお送りしました/ΟΟデパートよりお送りしました/お贈りします)(。/ので、)(ご笑納ください/お納めいただければ幸いです/快気をともにお祝いいただければ幸いに存じます)。
 
または
 
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりました/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
 
(当初は先がみえず悲観もしていましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしてましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めもしましたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(ΟΟ様/ΟΟさん/多くの方々/ΟΟさんをはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
 
つきましては、(ΟΟ様に快気の喜びをお伝えしたく/感謝の気持ちとして)(快気祝いの品/さなやかな内祝い)を(別便にてお送りしました/ΟΟデパートよりお送りしました/お贈りします)(。/ので、)(ご笑納ください/お納めいただければ幸いです/ΟΟさんにも快気をともにお祝いいただければ幸いに存じます)。
 
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります/メールにて失礼ではあります)が、(取り急ぎ/まずは)(お見舞いのお礼/ご挨拶/お礼かたがたご挨拶)(まで/を申し上げます)。
 
時節柄、ΟΟ様におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_友達宛) ▼

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_親戚宛) ▼

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_同僚) ▼

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_取引先担当宛) ▼

お見舞い返し 送り状メール 文例(快気報告_ビジネス) ▼

お見舞い返し 送り状 文例(知人宛) ▼

お見舞い返し 送り状 文例(友達宛) ▼

お見舞い返し 送り状 文例(親戚宛) ▼

お見舞い返し 送り状 文例(同僚宛) ▼

お見舞い返し 送り状 文例(取引先担当宛) ▼

お見舞い返し 送り状文例 ▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について