お見舞い(軽微_親から学校宛)_お礼状文例と書き方

お見舞い(軽微_親から学校宛)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
お見舞い(軽微_親から学校宛)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 先生へ
または
クラスの皆さんへ

前略
この度は、私ども(娘/息子)○○の(入院/病気/怪我/病気療養)で、(○○先生をはじめクラスの皆さんにもご心配いただき、心から感謝しています/○○先生には何かと(ご配慮/お心遣いを)いただき、心からお礼申し上げます)。
また、クラスの皆さんからの(温かいお見舞状/励ましのメッセージ/多大なお見舞い/お見舞いの品/素敵な○○)を(いただき/お送りいただき)、(○○もたいへん勇気付けられたようです/ありがとうございました)。
または
また、○○先生をはじめクラスの皆さんには、わざわざお見舞いにまで来ていただき、○○もたいへん(励まされ/喜んでい)ました。本当にありがとうございました。
または
また、○○先生には、ご多忙中のところ(何度も/わざわざ)(お見舞いにお越し/足を運んで)いただき、(厚くお礼申し上げます/恐縮しております/心より感謝いたしております)。
(幸い/何とか/お陰様で/今は)、(お見舞いにお越しいただいた頃より随分と良くなりました/経過も順調で後○○で○○がきるまでに回復できるそうです/少しずつですが快方に向かってます/まだ、以前と同じとはいきませんが、大方自分で何でもできるようになりつつあります/日常生活には全く不便がないくらいまで回復してます/○○先生やクラスの皆さんからの励ましに助けられて、辛い(治療/リハビリ/痛み/状況)にも負けず頑張っています)ので、(ご安心/もうこれ以上はご心配なさらないで)ください。
または
(今は/今のところ/まだ)、(検査が始まったばかりで/治療の最中で/手術前とのことで)(後どれくらいかかるか/どうなるか)(はっきりとはしてい/よく分かり)ませんが、 (大した病気でもありません/医師の診断では直に良くなるとのことな/回復も早く、退院も近いと思います)ので、 (○○先生におかれまして/クラスの皆さん)も(安心/もうこれ以上は心配なさらないで)ください。
(近いうち/○○頃)には、(良い/退院の)お知らせができると思いますが、 (まずは/取り急ぎ)、お見舞いのお礼(まで/をさし上げました)。

早々

平成 年 月 日

Ο年Ο組 ΟООΟ
(父/母)ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map