依頼状(社外個人宛_(支払い/返済)のお願い)メール文例と書き方

依頼状(社外個人宛_(支払い/返済)のお願い)メール文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
依頼状(社外個人宛_(支払い/返済)のお願い)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(先日のお振込みよろしくお願いします/先日はお越しいいただきありがとうございます/お元気にされてますか/お支払いのお願い)


○○株式会社
○○部ΟΟ様
 
平素、お世話になっております。
○○株式会社の○○です。
 
(先日は、お疲れ様でした/昨晩は、ご一緒させていただきありがとうございます)。
(さて/早速ですが)、昨晩の二次会に訪れた○○の料金のことですが、総額が○○円でしたから一人○○円となりますので、(来週お会いするときにもお渡しいただければ幸いです/下記にお振込みをいただきますようお願いいたします)。
また、機会がありましたらご一緒させていただければ嬉しく存じます。
 
または
 
さて、本日メールしましたのは、他でもありません(○月○日/先日/○○の際)ΟΟ様が持ち合わせがなく、(ご用立/私の方でお立替え)しております○○の代金のことです。
いつでも良いと(いった手前催促するようで申し訳ないのですが/は申しましたが)、(○月以上もたちました/○月に入りました)ので、お忘れになっているのではと思いまして、ご連絡をさし上げ(ました/た次第です)。
(恐縮だでありますが/恐れ入りますが/お忙しいとは存じますが)、、(ご返済/ご返金/下記までお振込み)をいただけますようお願い申し上げます。
 
または
 
さて、本日は先般(お貸し/お立替)しました(お金/○○の代金)のことで(失礼ながら/不躾ながら)ご連絡をさし上げました。
返済いただく約束の期限が、既に過ぎておりますので、ご返済いただけますようお願い申し上げます。
(お忙しいと存じ/私の銀行口座を下記にお教えし)ますので、お振込みでご返済いただきますようよろしくお願いいたします。
 
または
 
早速でありますが、先般(お貸し/お立替)しました(お金/○○の代金)を(ご返却いただきたく、不躾ながらメールをいたしました/ご返却いただけませんでしょうか)。
実を申しますと、(私の方も少しばかり苦しくて/急にお金が必要になりまして)、催促するようで気が引けるのではすが、何卒ご(対応の程/返済の方)よろしくお願い申し上げます。
 
尚、何か不都合がありましたら私にご連絡いただければ幸いです。
または
尚、(ご連絡/本メール)と行き違いでご発送いただいておられた際には、何卒ご容赦ください。
 
取り急ぎ、(立替金返済/ご返済/お振込み)のお願いまで。
 
------------記------------
 
振込み先
○○銀行○○支店
普通 000000
○○○○
 
*************************
      署名
*************************

-スポンサードリンク-

依頼状文例と書き方

各種依頼状の文例と書き方一覧と 依頼状関連コンテンツです。

依頼状文例一覧

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map