依頼状(社外_資料/書類等の誤りのお詫びと差し替え依頼)メール文例と書き方

依頼状(社外_資料/書類等の誤りのお詫びと差し替え依頼)メール文例

依頼状(社外_資料/書類等の誤りのお詫びと差し替え依頼)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(資料(差し替え/訂正)のお願い/「○○○」記載ミスのお詫びと差し替えの件/先日お渡した○○の(訂正/差し替え)のお願い)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
(先日は、ご多忙中のところご引見を賜り、お礼申し上げます/平素は、お世話になっております。
株式会社○○○(営業部/○○部)○○です。
 
(さて/早速ながら)、(先程/○日に)(お渡ししました(資料/書類/データ)/提出しました報告書)でありますが、(後日再度みなおしましたところ誤った○○が含まれていることが判明しました/上司から誤りの指摘されました/帰社後に確認しましたら誤りがあるのが分かりました)。
つきましては、大変お手数でありますが、(先日お渡したした/お手元)○○を破棄いただき、添付しております訂正済みの○○に差し替えをしていただきますようお願い申し上げます。
尚、(誤りの箇所は、○ページの○○表で○○が誤っておりました/ご送付した○○は、○○の箇所が訂正されておりますのでご確認いただければ幸いに存じます)。
取り急ぎ、(資料/書類)(不備/訂正)のお詫びと差し替えのお願いまで申し上げます。
 
または
 
ΟΟ様も(お気付くとは存じますが/お察しのとおり)、(先程/○日に)(添付しまいた/提出/お渡しした)(資料/書類/報告書/○○)に(全く無関係の○○も含まれておりました/他社宛ての文書が混入しておりました)。
ΟΟ様には、(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい申し訳ありませんでした。
(つきましては/お手数でありますが)、(先程の/「○○○」と題された)(箇所/文書/ページ)は、(無視/破棄/添付しました文書に差し替え)いただきますようお願い申し上げます。
また、誤って(お渡しした/混入してしまった)(内容/書類)には(個人情報/弊社の営業情報/他社との機密保持内容/機密情報)が含まれておりますので、(見なかったものとしてご破棄/内容につきましてはご他言無用にして)いただけますよう(重ねて/伏して)お願い申し上げます。
以後、絶対にこのような(不始末/間違い)のないよう(肝に銘じて/注意して)まいりますので、(どうか/何卒)(ご寛容/内容につきましては、ご内密にして)いただけますようお願いいたします。
取り急ぎ、(資料/書類)(不備/訂正)のお詫びと(破棄/訂正/差し替え)お願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

依頼状文例と書き方

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について