依頼状(追加/補修工事の依頼)メール文例と書き方

依頼状(追加/補修工事の依頼)メール文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
依頼状(追加/補修工事の依頼)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(○○に伴う追加工事のお願い/施工不良に伴う補修(依頼/のお願い)/○○工事の件)


ΟΟΟΟ 株式会社
○○(工務/営業)部 ΟΟΟΟ様
 
平素、大変お世話になっております。
○○株式会社 ○○です。
 
(早速ですが/お電話でもお話ししましたが)、貴社(に施工いただいた○○/が先日行った○○工事)ですが、(一部に○○が発生しております/従業員から○○が奇妙な音がするとの報告が上がっております/○○の部分が既に破損しており、これは工事時の思われます)。
つきましては、至急(作業員を派遣/ご対応/補修工事の手配して)いただきますようお願い申し上げます。
 
または
 
さて、今回メールをしましたのは、先日の工事の追加の件です。
実は、(○○工場でも今回と同様の問題が発生しており、今回の工事と同時に行っていだききたく存じます/他の部署でも(ネットワークの回線が不足しているところがあり、どうしてもそこにもLANケーブルを敷設して欲しいとの要望が上っております)。
つきましては、(可能であれば今回同時にご対応/追加分の見積と工程を至急ご提出)いただ(ければ幸いです/きますようお願いいたします)。
貴社にもご事情もあろうかとは存じますが、可能な限り早い対応を重ねてお願い申し上げます。
 
または
 
さて、先日の工事で折り入ってお願いしたことがありまいしてメールいたしました。
誠の勝手なことでありますが、今回工事(期間中に/の範囲で)○○の○○も工事をしていただけないか(のご相談であります/ご検討をお願いしたく存じます)。
既に今回の工事の稟議は決済せれており、追加分を再度決済する(ことが難しい/には時間を要します/のを待っていたら工事が終わってしまいます)ので、(ついで/今回発注分の工事範囲とて)ご対応いただけ(れば幸いに存じます/ますようお願い申し上げます)。
 
(今更工事を追加することは、貴社に多大なご負担をおかけするのは/その分費用がかかるのは)重々承知しておりますが、何卒、ご高配を賜りますようお願い申し上げます。
または
(材料費/人件費)分等は、次回の工事で上乗せさせていただきますので、何卒、ご対応の程よろしくお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、(○○の補修/追加工事)のお願いまで。
または
恐れ入りますが、ご対応の程よろしくお願いいたします。
 
*************************
      署名
*************************

-スポンサードリンク-

依頼状文例と書き方

各種依頼状の文例と書き方一覧と 依頼状関連コンテンツです。

依頼状文例一覧

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map