依頼状(講演/講師依頼)メール文例と書き方

依頼状(講演/講師依頼)メール文例

依頼状(講演/講師依頼)メール例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

件名:(講演のお願い/(講演/講師)依頼の件)


ООΟ(会社名)
(役職)ОΟΟΟ様
または
ОΟ大学
ОΟОΟ(様/先生)
 
突然のメールで失礼します。
私はОΟ株式会社のОΟと申します。
または
はめまして、私は、株式会社ООΟ(総務部/ОΟ部)のОΟと申します。
または
ОΟ(様/先生)の書籍を(愛読/拝読)して(いるだけで面識はありませんが/おりまが)、今回、私どものОΟで先生に(ご講演していただけ/講師ををお願いで)ないかと、メールいたしました。
株式会社ООΟ(総務部/ОΟ部)のОΟと申します。
 
さて、弊社はОΟでОΟ業を営んでいる会社です。
(この度、突然ながら)、メールしましたのは、私どもの(会社が主催するセミナー/安全大会/ΟΟ)でОΟ先生に(ご講演をして/講師を引き受けて)いただけないかのご相談です。
または
早速ではありますが、弊社では、О月О日にОΟを開催する運びとなり、是非ともОΟ先生に「ОΟ」のテーマでご講演をしていただきたく、ご連絡をさし上げた次第です。
 
講演の要領は以下のとおりますので、(お手数ですがお引き受けいただけるかの/内容をご検討いただき)、ご返事を(いただけますようお願いいたします/いただければ幸いに存じます)。
 
ОΟ(先生/様)には、何かとご多用の折、誠に恐縮ではありますが、何卒(ご承諾/こ高配)をいただけますようお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ/まずは)、(講演/講師)のお願いまで申し上げます。
 
------------記------------
 
1)講演内容
 1.ОΟ開催日
  平成О年О月О日
 2.開催時間
  О時〜О時
2)講演内容概要
 1.タイトル(仮)
 「・・・・」
 2.講演時間 0時間程度
 3.講演料 0000円
3)問い合わせて窓口
 ΟΟ部ΟΟ課 担当ΟΟ
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
4)添付資料
 1.昨年「ОΟ」パンフレット
 2.弊社会社概要
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について