退院(予後励まし_友人)_お祝い状文例と書き方

退院(予後励まし_友人)_お祝い状文例

退院(予後励まし_友人)_お祝い状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

前略
(退院、本当におめでとう。心からお祝いするよ/退院したと聞いたよ。本当におめでとう/やっと退院したんだって、本当によかったね/かなり良くなったて聞いて、僕も嬉しいよ)。
(○○の入院生活/長い闘病生活/療養中/良くない状態からここまで回復に)は、(何かと/大変/いろいろ/人に云えない)(苦労が/辛いことも)あっただろうけど、(晴れて/無事に/全快とまではいかなくても)(退院/回復)できて、(僕/私/俺/僕たち)も(少しばかり/まずは/やっと)安心(したよ/できたよ)。
でも、(無事に退院したとはいえ/かなり良くなったといっても)、(当面は/暫らくは/これからまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要(とのことだ/だろう)から、(気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/家族のためにも/治ると信じて)(病気跳ね返/こんな状態から早く抜け出/治療に専念/無理せず療養に専念)(してくれよ/してくださいね/してくれるようお願いするよ)。(陰ながら/何もしてはあげられないけど)、(僕/私/俺/僕たち)も(応援する/祈っとく)(よ/からね)。
(もう少し良くなったら/○○には/時期をみて/医者の許し出たら/元気になったら)、(皆で快気祝いをしようと/挨拶がてら顔をみにいこうと/退院のお祝いかたがた様子をみにいこうと)思ってるから、また連絡するよ。それまでに体調を整えてくれな。
最後になったが、(ご家族の皆様/奥さん)も(看病でお疲れている/心労があった)だとうから、お大事にと伝えください。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について