7月_季節の挨拶文ヒント

7月_季節の挨拶文ヒント--日本は四季折々の自然の装いや行事があり、古来より季節感を大切にしてきました。 ここでは、オリジナルな時候の挨拶を書くためのヒントとなる7月の季節の様子をよく表す風物詩や習慣及び歳時記/動植物/食べ物/自然/季語/別名のどを紹介します。

時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き方

7月 歳時記【2020年版】

7月 上旬の歳時記
7/1 海開き
7/1 富士山山開き
7/2 半夏生(はんげしょう)
雑節-半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃の意味です。農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事を終える」「水稲の田植えを終える」目安とされるの日です。
7/4 アメリカ合衆国 独立記念日
7/7 七夕
五節句-裁縫の上達を願い素麺を食べます。
7/7 小暑
二十四節気-暑さがどんどん強くなっていくころとされています。
7/9-10 ほうずき市
7月 中旬の歳時記
7/15 中元
中元の起源は中国で、「三元」の風習があり、1月15日を初元、7月15日を中元、10月15日を下元としてお祝いします。その風習が日本に伝わり、親戚や取引先に仏様へのお供え物としてお中元を贈るようになりました。
7/15 海の日
7/15 博多祇園山笠 追山
7/17 祇園祭 山鉾巡行
7/20 土用
「土用の入り」から立秋までの18日間の期間です。土用は年に4回ありますが、昨今の「土用の丑」は夏の土用の期間のことです。
7月 下旬の歳時記
7/23 大暑
二十四節気-夏の暑さが本格的になる頃です。)
7/25 天神祭 船渡御

7月を感じる言葉/行事/風習

アメリカ合衆国 独立記念日
1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日です。「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」の呼称が最も一般的です。
入谷朝顔祭り
入谷朝顔祭りは、七夕の季節(7/6-8日)に東京の入谷鬼子母神(真源寺)とその界隈で開催される朝顔祭り。
七夕
日本の七夕は元々中国での行事でしたが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されます。
ほうずき市
浅草寺に7月10日に参拝すると、4万6千日お参りしたのと同じご利益があるとされ、古くからこの日の参拝が盛んに行われました。その時期に境内では100店ほどのほおずきを売る店が並び「ほうずき市」を催します。
海の日
海の日は1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日のひとつです。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とした祝日です。
博多祇園山笠
福岡市の櫛田神社で毎年7月1日から7月15日にかけて開催される祭です。正式には櫛田神社祇園例大祭。
祇園祭(京都)
1か月にわたり祭事が行われる祇園祭は八坂神社の祭礼で、7月1日の「吉符入」に始まり7月31日の「疫神社夏越祭」までの約1ヶ月にわたって行われます。ハイライトは八坂神社の神興渡御と33基の山鉾巡行です。
天神祭(大阪)
天満宮(天神社)で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われます。特に大阪天満宮を中心とした天神祭が有名で、日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)のひとつとされています。

7月の動植物/食べ物/自然

山梔子(くちなし)
6-7月に花が咲き、当初は白色で徐々に黄色に変わっていきます。三大香木(ジンチョウゲ、キンモクセイ)のひとつで、花には強い芳香します。
うなぎ
土用の丑(うし)の日は、土用の間のうち十二支が丑の日です。二回目の丑の日は「二の丑」とよびます。うなぎを食べる習慣についての由来には、平賀源内が発案説が最もよく知られています。
はも
祇園祭や天神祭があるころに旬を迎えるため、「祭りはも」といわれ、京都や大阪ではこの時期か欠かせない食材です。
スイートコーン
スイートコーンとは、トウモロコシの中でも甘みが強い品種の総称です。昨今、スーパーに並ぶものは、より甘味が強く(糖度は15度前後でメロンより甘い)、そして生のまま食べられるものがあります。ただし、スイートコーンは、収穫された時点からどんどん糖分がでんぷん質に変化し甘みが薄れてしまいますので、新鮮なうちに食することがよいでしょう。
セミ
蝉は、鳴き始める時期やイメージで季節の移り変わりを感じられます。
ニイニイゼミ(6月の末頃から鳴く、夏の始まりを告げるセミ)
クマゼミ(夏の盛りのセミ)
アブラゼミ(夏の盛りのセミ)
ミンミンゼミ(夏の盛りのセミ)
ヒグラシ(朝夕鳴く。夏の終わり、もの悲しさも感じるセミ)
ツクツクボウシ(夏の終わりを告げるセミ)
南風(はえ/みなみ)
南風 湿気を含んだ熱い風。夏の風。
黒南風(くろはえ) 梅雨のころに吹き、黒雲をはこぶ風。
ながし南風 雨を含んだ生暖かい風。
白南風(しろはえ) 梅雨明けに吹き、雨雲を一掃する明るい風。
暑中見舞い/残暑見舞いの時期
 小暑(7/7)と大暑(7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、一般的には、梅雨明けから立秋(8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。なお、残暑見舞いは処暑(8/23)までに送ります。
お中元の時期
 中元の起源は中国で、「三元」の風習があり、1月15日を初元、7月15日を中元、10月15日を下元としてお祝いします。その風習が日本に伝わり、親戚や取引先に仏様へのお供え物としてお中元を贈るようになりました。よって、お中元はお盆の頃に贈るのが本来の意味でよいといえます。
 ここで注意したいのは、お盆は地域よって7月盆と8月盆で異なることです。また、習慣的にその時期が決まっている地域もあります。一般的に7月盆の場合、7月初旬から15日まで、8月盆の場合は、8月初旬から15日までとなります。
 なお、7月盆で7月15日より後に贈る場合は「暑中お見舞い」、目上の方宛は「暑中お伺い」。立秋(8/8頃)より後にあった場合は「残暑お見舞い」、「残暑お伺い」として贈るのがよいでしょう。

7月の別名

7月の別名
女郎花月(おみなえしづき)/建申月(けんしんげつ)/親月(しんげつ)/七夕月(たなばたづき)/桐月(とうげつ)/七夜月(ななよづき)/初秋(はつあき)/文月(ふづき)/文披月(ふみひろげづき)/愛逢月(めであいづき)/蘭月(らんげつ)/涼月(りょうげつ)

7月の俳句に用いる季語

山開き/海開き/海の家/楸邨忌/青田/梅雨明/白南風/返り梅雨/冷夏/雷/夕立/虹/夏の宵/川床/森林浴/登山/キャンプ/雲海/赤富士/浴衣/甚平/夜店/打水/麦茶/氷水/アイスクリーム/ビール/心太/冷奴/扇風機/冷房/水遊び/炎天/夕焼/熱帯夜/土用/土用鰻/雨乞/海水浴/夏休/帰省/避暑/林間学校/夏風邪/日射病/花火/夕顔

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項