10月_季節の挨拶文ヒント

10月_季節の挨拶文ヒント--日本は四季折々の自然の装いや行事があり、古来より季節感を大切にしてきました。 ここでは、オリジナルな時候の挨拶を書くためのヒントとなる10月の季節の様子をよく表す風物詩や習慣及び歳時記/動植物/食べ物/自然/季語/別名のどを紹介します。

時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き方

10月 歳時記【2020年版】

10月 上旬の歳時記
10/1 十五夜
10/1 衣替え
10/7-9 長崎くんち
10/8 寒露
二十四節気-晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露。本格的秋の始まる頃。
10月 中旬の歳時記
10/13 恵比寿講
10/17 神嘗祭(かんなめさい)
10月 下旬の歳時記
10/20 秋土用入り
10/23 霜降
二十四節気-早朝に霜が降りはじめる頃。
10/27 読書週間(11/9まで)
10/29 十三夜
10/31 ハロウィン

10月を感じる言葉/行事/風習

衣替え
平安時代には、6月1日と10月1日に冬の袷(あわせ)と夏服の単衣(ひとえ)に替える習慣があり、それを衣替えとよびました。現代では、この日に学校や職場の制服が冬/夏服にかわるところがあるようです。
長崎おくんち
長崎市の諏訪神社の祭礼です。10月7日から3日間催されます。「龍踊(じゃおどり)」「鯨の潮吹き」など、奉納の踊がみどころです。「くんち」の名称は、旧暦の重陽の節句に由来します。
十三夜
十三夜は旧暦9月13日の少し欠けた月をみることです。栗や豆をお供えすることから「栗名月」、「豆名月」ともいいます。十五夜と十三夜の片方しかみないのは「片目月」といって縁起が悪いされています。
恵比寿講
神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされた恵比寿様を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、商売繁盛を祈願する行事です。
体育の日
日本の国民の祝日のひとつです。「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。元は10月10日で1964年の東京オリンピックの開会日にちなんで日が選ばれました。
神嘗祭(かんなめさい)
宮中祭祀のひとつで、五穀豊穣の感謝祭にあたり、宮中および伊勢神宮で儀式が行われます。その年の初穂を天照大御神に奉納する儀式が行われます。
読書週間
読書週間は、10月27日から11月9日までの2週間です。
ハロウィン
毎年10月31日に行われます。秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事でしたが、アメリカでは子供たちが仮装して家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。近年日本でも仮装した若者をみかけるようになっりました。

10月の動植物/食べ物/自然

秋桜(コスモス)
秋に桃・白・赤色の花を咲かせます。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑があります。
金木犀(キンモクセイ)
日本三大香木のひとつで、無数に小さいオレンジ色の花を咲かせます。その香りのよさから秋を代表する花といえるでしょう。

日本では観賞用として発展し、秋に全国各地で菊花展が開催されます。秋を代表する花といえます。菊の紋のうち、八重菊を図案化した十六八重表菊は、天皇および皇室を表す紋章でもあります。
ススキ
ススキは、尾花ともいい秋の七草のひとつです。また茅(かや)とよばれる植物の一種でもあります。日当たりのよい山野に生息しています。
新そば
新そばとは、秋に取れたばかりの蕎麦のことです。きれい緑色です。
新米
その年新しくとれた米のことで、9月から10月にかけて出回るようになります。
松茸
キノコの一種で、香りがよく、松茸ごはんやお吸い物など秋を代表する食材です。
ぶどう
秋を代表する果物です。各地で栽培されています。日本では、大粒の巨峰がもとも多く栽培されていますが、他もマスカット、藤稔、紫玉、紫苑、ピオーネなどたくさんの品種が栽培されています。
サツマイモ
サツマイモ(薩摩芋/さつまいも)は甘藷(かんしょ)ともよばれます。サツマイモは、「紅あずま」や「高系14号」などがホクホク系が主流うでしたが、昨今は「安納芋」や「紅はるか」に代表されるしっとり系の濃厚な甘さの芋など出回るようになり、好みで選べるようになってきました。

農村には、柿の木が植えられてることが多く、干し柿にして食べられていました。最近では、甘味の強い高価な品種も出回るようになりました。

鮭には多くの種類がありまうが、それぞれ旬の時期が違います。一般的に日本で鮭というと「白鮭(シロサケ)」をさします。白鮭は9〜11月までの間に生まれた川に戻って産卵します。この白鮭を「秋鮭」「秋味」と呼び、この時期が旬となります。時鮭(時しらず)といわれる鮭は、間違えて春に戻ってきてしまった白鮭のよび名です。時鮭の旬は4〜7月、春から初夏になります。他の銀鮭は8〜10月、紅鮭は6〜8月が旬の時期です。
時雨
主に秋から冬にかけて、一時的に降ったり止んだりする雨のことです。時雨が降る天候に変わることを時雨れる(しぐれる)ともいいます。

10月の別名

神在月(かみありづき)/神去月(かみさりづき)/雷無月(かみなかりづき)/神無月(かんなづき)/建亥月(けんがいげつ)/小春(こはる)/時雨月(しぐれづき)/上冬(じょうとう)/大月(たいげつ)/初霜月(はつしもつき)

10月の俳句に用いる季語

赤い羽根/秋晴/秋高し/馬肥ゆる/秋風/鹿の角切/運動会/後の月/初紅葉/薄紅葉/松茸/新米/新酒/稲/豊年/渡り鳥/菊/稲刈/刈田/秋祭/秋寒/そぞろ寒/肌寒/夜寒/新蕎麦/銀杏/草虱/秋時雨/露霜/冬仕度/紅葉/紅葉狩/秋深し/行く秋/秋惜しむ/暮の秋/冬近し

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項