拒絶状(取引停止(納期遅延)_ビジネス文書)文例と書き方

拒絶状(取引停止(納期遅延)_ビジネス文書)文例

拒絶状(取引停止(納期遅延)_ビジネス文書)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
製造部 ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
営業部 ΟООΟ 印
電話***-****-****

ОΟО遅延の件

前略、貴社からの○○の納品の遅れは、当社として(看過できるものではありまん/到底許しがたいことであります)。
または
標題の件、この度の納期遅延に関する当社の(見解/決定事項)について(通知/連絡)致します。
 
この度の納期遅れは、ひとえに貴社の(社内体制の不備/社内的事情/不始末/○○)(が原因/に起因するもの)であり、当社はそのことで(多大な損害を被ることとなりました/客先からの信頼を失いかねない状況となりました)。
または
(○○の状況を考慮/貴社の事情を斟酌)したとしても○月もの遅れは(許させれるものではありません/許容範囲を超えております/到底許されることではありません)。
または
貴社を信頼しておりましたが、この度のことで(その信頼は失墜しいたしております/貴社の不誠実な対応は看過できるものではありません)。
 
つきましては、この度の納品をもって貴社との取引は(当面/今後一切)行わないことと相成りましたこと、(ご承知おください/ここに通知した次第です)。
または
この度のことで、(当社役員会で/当社が多大な損害を被ったことから)今後貴社のとの取引は一切行わないとの決定されまたのでここにご通知(いたしました/した次第です)。
または
貴社の納品の遅延により、当社は(エンドユーザーから契約違反で取引停止の措置を受けるに至り/損害賠償の請求されており)、(貴社へは法的にな対応も含めて/しかるべき)対応を検討しておりますが、(まずは/当面/当然ながら)、今後一切の取引を停止することとなりましたこと、通知した次第です。
または
この度に件で、弊社は貴社と今後取引をしないと決定いたしましたので、悪しからずご承知おきください。
 
この度の納期遅延対する当社(見解/決定事項)を申し上げる次第です。
または
この度の納期遅延に伴う取引停止の通知まで申し上げます。
または
貴社におかれれては以上のこととご承知いただきたく存じます。

早々/以上


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について