お断り(借金_個人_事務的)文例と書き方

お断り(借金_個人_事務的)文例

お断り(借金_個人_事務的)文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ΟООΟ 様

拝啓/拝復
さて、Ο月Ο日付けで(ΟΟさん/ΟΟ様/貴殿)よりの(お手紙/おはがき/貴信)、確かに受領いたしました。
ご事情はお察ししますが、当方にもご用立てできるほどの余裕がありませんので、 (不本意です/申し訳ないのです)が、ご依頼の件はお断りいたします。あしからずご了承ください。
つきましては、ご送付いただいた書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
略儀ながら、書面をもちましてご依頼の返事まで 。

敬具

平成Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市Ο丁目Ο-Ο


 
 
 
 
 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について