お断り(借金_個人_事務的)文例と書き方

お断り(借金_個人_事務的)の文例

お断り(借金_個人_事務的)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝啓/拝復
さて、Ο月Ο日付けで(ΟΟさん/ΟΟ様/貴殿)よりの(お手紙/おはがき/貴信)、確かに受領いたしました。
ご事情はお察ししますが、当方にもご用立てできるほどの余裕がありませんので、 (不本意です/申し訳ないのです)が、ご依頼の件はお断りいたします。あしからずご了承ください。
つきましては、ご送付いただいた書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
略儀ながら、書面をもちましてご依頼の返事まで 。

敬具

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市Ο丁目Ο-Ο


 
 
 
 
 

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について