身元保証依頼のお断りメール(親戚宛)文例

身元保証依頼のお断りメール 文例(親戚宛)


件名:(身元保証の件へのお返事/RE:〇〇の件)


(叔父様/叔母様/お兄様)
 
〇〇の〇〇です。
 
(叔父様/叔母様/お兄様)(のところにはなかなかお伺いもできませんで/にはご無沙汰ばかりで)申し訳ございません。
 
(メール/(叔父様/叔母様/お兄様)よりのお便り)読ませていただきました。
 
(○○様方には、〇〇に親戚がいないのを/〇〇君は既にご両親も他界していて他に頼れる人がいないことも)知っていているのでお断りするのは(申し訳ない/心苦しい)のですが、私は(如何なる事情があっても/何方であれ)保証の類をしないという自身の(信条に反することができないのです/信念はどうしても曲げられません)。
(〇〇様/叔父様/叔母様)には(私の身勝手な信条でご期待にお応えできないのは申し訳ないのです/(ご状況/ご心情)をお察しますと心苦しいのではあります)が、この度のことだけはご勘弁いただけますようお願いいたします。
 
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

身元保証依頼のお断りメール 文例(親戚宛)


件名:(メールの件のお返事/身元保証の件へのお返事/RE:〇〇の件)


(叔父様/叔母様/お兄様)
 
〇〇の〇〇です。
 
(叔父様/叔母様/お兄様)(も元気にしているとのことで安心しました/、お元気にされているようで何よりです)。
 
さて、(お電話をいただきました/お願いされた/メールの)ことが、 (他ならぬ/子供の頃からお世話になっております)(叔父様/叔母様/お兄様) (のたってのお願い/が私と頼られているの)ですからお引き受けしなければならないのですが、 (来年には、転勤する(ことが確実で/可能性が高く)/もうここも〇年目ですから近いうちに転勤になりますので)申し訳ないのですが、 このことだけは(ご勘弁/どうかお許し)ください。
 
誰が適任の方が見つかりますことをお祈りしまして、ご依頼のお返事まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

身元保証依頼のお断りメール 文例(親戚宛)


件名:(メールの件のお返事/〇〇君の身元保証の件)


(叔父様/叔母様/お兄様)
 
〇〇の〇〇です。
 
この度は、〇〇(君/さん)の就職が決まられたとのことで、(心よりお祝い申し上げます/本当におめでとうございます)。
それも(〇〇銀行/一流企業/〇〇)だそうで(叔父様/叔母様/お兄様)方には、(喜びのひとしおではないでようか/これで一安心されていることでしょうね)。
 
それでご依頼の件ですが、 (叔父様/叔母様/お兄様)方には子供の頃から(良くしていただいた/お世話になってた)(ご恩/恩義)がございますので、お力になりたいのは山々ではありますが、 (実は、私は以前に保証倒れで苦しんだ経験がありまして、保証の類は人一倍の抵抗感がありまして /私のこれまで貫いてきた信条に反することでありまして)これだけは、どうかご勘弁くださいますようお願いいたします。
 
(〇〇様/叔父様/叔母様)のお願いにお応えできないこと深くお詫び申し上げますともに〇〇(君/さん)の活躍をかげながらお祈りします。
 
*************************
      署名
*************************

文例一覧policy運営者情報免責事項