断り状(趣味のサークル/活動勧誘_目上の方)メール文例と書き方

断り状(趣味のサークル/活動勧誘_目上の方)メール文例

断り状(趣味のサークル/活動勧誘_目上の方)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(○○サークル参加のお返事/○○サークルの件/お誘いいただいた○○のお返事)


ΟООΟ 様
 
ΟΟ様には、(何かとお気遣いいただきありがとうございます/日頃よりお世話になっております。
または
先日は、(○○/○○教室/○○活動)へお誘いいただき(誠にありがたく存じます/ありがとうございます)。
または
○○(さん/様)(は、いつも活動的で羨ましいかぎり/には、お元気そうでなりより)です。
または
(ご無沙汰ばかりなのにこの度は、○○にお誘いいただき恐縮しております/久しぶりにご連絡をいただきありがたく存じます)。
または
この度(メール/ご連絡)しましたのは、(他でもありません/先日ご紹介いただいた)(○○サークル/○○活動/○○教室へ)のお誘いの(こと/ご返事)です。
 
折角お誘いいただいて(お断りするのは心苦しいのですが/(ご辞退/ご一緒できないのは)申し訳ないのですが)、(私としては特定の方を支援する活動に少し抵抗がありまして/慈善活動とはいえ、○○はその実態がよく分からないこともありまして/主人が反対しておりまして)、この度は(お断り/ご遠慮)させていただきます。
または
(早速ですが/さて)、(○○のことですが私としても○○の活動への応援をしたいのです/(折角の/○○さんからの)お誘いですから(参加/ご一緒)したいのです)が、(実は/正直)申しますと(体調が悪て/主人が体調を崩しておりまして)(ご一緒していのは山々ですが/私も○○をしたいのでが)、どうしてもできそうもありません/残念ながらご(辞退/遠慮)するしかありません)。
または
さて、先日の○○(のこと/へのお誘いのこと)ですが、(実を申しますと/よくよく考えましたら)(○○とその活動の日が重なっておりまして/主人の介護との関係であまり、活動に参加できないのではないかと思いまして/今の健康状態では少し無理をしそうなので申し訳ないですが)、(今回は/サークルへの参加は)ご遠慮させていただくこととしました。
 
今回は、(お断りしてしまいます/(参加/ご一緒)できません)が、(次回は是非お誘いいただけましたらありがたいです/また何ありましたらお誘いください/変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます)。
または
(申し訳ないことですが/どうか)(分かってください/どうかご理解ください)。
または
ΟΟ様には(今後とおご交誼を賜ります/お気を悪くなさいません)ようお願いいたします。
 
お誘いのお断りのお詫びまで。
または
取り急ぎ、○○の(ご返事/お断り)まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(趣味のサークル/活動の勧誘の断り_目上の方)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。

12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について