拒絶状(浮気による絶縁_恋人間)メール文例と書き方

拒絶状(浮気による絶縁_恋人間)メール文例

拒絶状(浮気による絶縁_恋人間)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(もう連絡しなでください/何度謝られても気持は変わりません/もうよりが戻ることはありません/メールの件/RE:○○)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
私、(もうあなたとお付き合していけません/もうあなたを信じられません/あなんたのことずっと信じていたのにもう信じられなくなりました/あなたがどんなに謝っても許すつもりはありません)。
だから、二度と(連絡/メール)してこないでください。
さよなら。
 
または
 
メール読みましたが、私(はあなたを許す気はあり/の気持は変わり)ませんからもう連絡しないでください。
さよなら。
 
または
 
私(は未練がましいことはしたくない/より○○さんの方がいいのでしょう)からもう私には(絡まない/連絡もしなしない)でください。
さよなら。
 
または
 
(ついでき心としても浮気を私は許しません/(あなた/君)の言い訳はもう聞きたくありません)。
(申し訳ないですが/悪いが)、(君/あなた)とはこれで終わり(です/にしましょう)。
(あなた/君)からのメールや電話は受信拒否設定に(変更しておきますから連絡しても無駄ですよ/させてもうらうけど、気を悪くしないでください)。
(さようなら/(彼女/彼)とは末永く幸せになってください)。
 
または
 
○○さん、(もう私たちは付き合ってもいないのがだらこんなメールをもらっても困ります/何度謝られても気持は変わらないのでもう連絡しないでください。正直迷惑です)。
もう、私の気持が変わることは絶対にないから、今後二度と(こんなメール/電話を)しないでください。
今度こそ本当にさよなら。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について