拒絶状(DVによる絶縁_恋人間)メール文例と書き方

拒絶状(DVによる絶縁_恋人間)メール文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
拒絶状(DVによる絶縁_恋人間)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(あなたには二度と会いません/私にかまわないでください/もう連絡しなでください/何度謝られてもう会うことはありません/もうよりが戻ることはありません)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
私、(○○/あなた)が(そんな人/女性に暴力を振るう人/お酒を飲むと昨日のように乱暴になる人)だと知りませんでした。
(普段/お酒を飲んでいない時/これまで)のあなたは、優しくて紳士的だったからお付き合いしていましたが、(昨日/この前)のことで(あなたのことを信じることができなくなりました/あなたと二人でいることが怖くなりました)。
こんな(こと/かたち)でお別れすのは、(不本意なの/申し訳ない/悪いの)ですが、(ご理解/どうかもう私(に連絡しないで/のことは忘れて)/分かって)ください。
(これまで、ありがとうございましした/さようなら)。
 
または
 
私は、(あたたが暴力なんか振るわない人だと信じていました/(もうあなたとお付き合していけません/もうあなたを信じられません/あなんことをしたのが未だに信じられません/あなたのしたことを許すつもりはありません)。
(ですから/だから)、二度と(連絡/メール)してこないでください。
さよなら。
 
または
 
(気が立っていた/つい感情的になった/酔っていた/私があなたを怒らせた)としても暴力は絶対に許されることではありません。
(申し訳ないですが/悪いが)、(君/あなた)とはこれで終わり(です/にしましょう)。
(あなた/君)からのメールや電話は受信拒否設定に(変更しておきますから連絡しても無駄ですよ/させてもうらうけど、気を悪くしないでください)。
さようなら。
 
または
 
○○さん、暴力は絶対に許されることではありませんからこれでお別れ(です/しましょう)。
(もう、私に/これ以上しつこくされても私困りますから/何度謝っても無駄だし、何度もメールされても気持は変わりませんからもう)(メール/電話/連絡)してこないでください。
(万が一家の近くで待ち伏せしたりしたら/これ以上しつこくしたら)私(も何か考えないといけません/としては、しかるべき対応をとるつもりです)ので、そのことだけは(了解しておいてください/肝に銘じておいてください)。
 
*************************
      署名
*************************

-スポンサードリンク-

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。
お断り

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map