結婚お礼状(結婚に際してお祝いを頂いた方宛へのお返し送り状)文例と書き方

結婚お礼状(結婚に際してお祝いを頂いた方宛へのお返し送り状)文例

結婚お礼状(結婚に際してお祝いを頂いた方宛へのお返し送り状)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ご家族の皆様もお変わりなくお過ごしのことと存じます。
先般は、私どもの結婚に際し、ご丁寧にご祝詞とお祝いを賜わり 誠にありがとうございました。
万事に行き届かなぬ私たちではありますが、何卒末永くお導きいたできますようお願い申し上げます。
新婚旅行先のΟΟで買い求めました品を心ばかりのお礼としましてお送りいたします。ご笑納ください。
皆様におかれましては、くれぐれもお体を大切にお過ごしください。
(まずは、取り急ぎ、略儀ながら)お礼まで申し上げます。

平成 年 月 日

ОΟОΟ
   ОΟ
〒000-0000 東京都ΟΟ区Ο丁目Ο番
TEL 03-0000-0000

結婚に関する文例一覧

各種結婚の文例と書き方一覧と関連コンテンツです。

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について