お悔やみ(子の死亡)文例と書き方

お悔やみ(子の死亡)文例

お悔やみ(子の死亡)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ご子息様ご永眠の由、思いもよらぬ悲しいお知らせに、ただ呆然としてしおります。
最愛のお子様を亡くされた親御様のご心中、いかばかりのお嘆きかとお察し、申す言葉もごぎいません。僅かΟ年足らずでご他界とは、どんなにかお心残りでいらっしゃいましょう。お悲しみのあまりお疲れのでませんように、ご自愛をお祈り申し上げるほかございません。
ご霊前にお供えしていただきたく、心ばかりのもの同封いたしました 。

平成Ο年Ο月Ο日

〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
ΟООΟ

お悔やみ/訃報/会葬/喪中関連文例と書き方

各種お悔やみ/訃報/会葬/喪中関連文例と書き方一覧と関連コンテンツです。

お悔やみ/訃報/会葬/喪中関連文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map