お悔やみ(親の死亡)文例と書き方

お悔やみ(親の死亡)文例

お悔やみ(親の死亡)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

お知らせ驚いて拝見いたしました。昨年、お伺いいたしました折には、とても元気なご様子でお詰を伺わせていただきましたのに、皆様もお力落としのことかとお察し申し上げます。
お父様は大変家族思いの方でしたから、皆様方が立派になられて、ご満足されて逝かれたのではないでしょうか。
同封のものは心ばかりでございますが、ご霊前にお供えください。
どうぞご家族の皆様もお疲れがでませんように、くれぐれもお体をご大切になさってください 。

平成Ο年Ο月Ο日

〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
ΟООΟ

お悔やみ/訃報/会葬/喪中関連文例と書き方

各種お悔やみ/訃報/会葬/喪中関連文例と書き方一覧と関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について