お見舞い(怪我_上司宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(怪我_上司宛)送り状メール文例

お見舞い(怪我_上司宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い申し上げます/お早いご回復を皆で祈っています/○○課一同からのお見舞いをお送りいたしました)


ΟООΟ 様
または
ΟО部長 (殿/様)
 
(お具合/お加減は/体調は)いかがでしょうか。ΟОの○○です。
または
○○課の○○です。
 
(昨日/過日/先般)、課長からΟΟΟΟ(部長/専務/様)が(大けがをして/怪我をして/不届き者に怪我を負わされて)(入院された/療養されている)とお聞きしました。心よりお見舞い申し上げます。
 
(その後の/今は)(お怪我の具合は/お加減)いかがでしょうか)。
または
幸い(大事には至らず/手術は成功したとのこと/ΟΟの怪我だけだったとのこで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一)安心しました。(その後の経過/今のお加減/痛みのほう/怪我の具合)はいかがですか。
 
(本来なら直に/(他でもない/日頃からお世話になっている)ΟΟ(部長/専務/さん)のことですから、何をさし置いても)(お見舞いにお伺いすべきではありますが/お見舞いへお伺いしたいですが)、(病室をお騒がせしては申し訳ございません/治療のお邪魔になってはいけません/○○でそれも叶いません)ので、(課員/部員/有志)一同で(お見舞い(の品)/ΟΟ(部長/専務/様)のお好きな○○)を(お送しました。どうぞお受け取ください/お送りいたします。何かにお役立ていただければ幸いに存じます)。
 
ΟΟ(部長/専務/様)(におかれましては/には)、(急なご入院で/ご闘病が長引かれていて/思いもしないお怪我で/(お辛い/長引く)リハビリで)(ご不自由なこと/お仕事のことが気がかり)とは存じますが、(この上は/この際は)、何はともあれ(養生専一/ご治療)に努められ、一日もの早く(ご完治/ご回復/ご復帰)されますよう、心からお祈りいたしております。
または
(私達皆で/私共皆で/僕も/私も)ΟΟΟΟ(部長/専務/様)の早い(全快/ご回復/完治)を(遠方/陰ながら)ではありますが、お祈りいたしております。
 
(甚だ略儀ではあり/メールで失礼とは存じ)ますが、お見舞いを申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

送り状(見舞/快気)メール文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について