お見舞い(交通事故_親戚宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(交通事故_親戚宛)送り状メール文例

お見舞い(交通事故_親戚宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い申し上げます/(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)が(お怪我で入院し/交通事故に遭われ)たとお聞きし、メールしました/お早いご回復をお祈りします/心ばかりのお見舞いを送りしました)


ΟООΟ (様/さんへ)
または
(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)へ
 
(お怪我の具合/お加減は/リハビリは)いかがでしょうか。ΟОの○○です。
または
何々の○○です。
 
(昨日/先日/先般)ΟΟさんからの(電話で/連絡で)知りましたが、(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)が交通事故(に遭って/で)(入院した/療養している/リハビリをしている)とのことですね。心よりお見舞い申し上げます。
または
聞くところでは、(幸い/一時は意識不明の重体だったようですが)、(大事には至らなかったとのことなので/手術は成功したとのことなので/命に別状がないとのことで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一安心/安堵)しましたが、ご家族の皆さんも含めてさぞや(心配/不安な思いを)されたこととお察しいたします。
 
(本来なら直ちにも/他ならぬ(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)のことですから、何をさし置いても)(お見舞いにお伺いすべきですが/お見舞いに行かなければと思いましたが)、(養生が何より大切と存じ/病室を騒がせてはいけませんので/遠方でもありますので/ご(容体/病状/様子)も分かりませんで、暫らくご遠慮したほうが良かろうと思い)、(お見舞い(の品)/(叔父様/叔母様/ΟΟさん)のお好きなΟΟ)を(お送しました。どうぞお受け取りください/をお送りいたします。何か(体に良いものでもお買い求め/にお役立て)ください)。
 
(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)には(常々/日頃/平素)(ご壮健/お元気)でしたから、(病院暮らしは何かとご不自由があろうとは存じます/何かとご心配とは思います)が、(このうえ/今/この際)は、何はともあれ(治療/リハビリ)に専念されてください。
 
私達(も陰ながら/には何もできませんが)、(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)の一日も早い(ご回復/全快)を心からお祈りいたします。
 
(最後とはなりましたが/時節柄)、(ご家族の皆様/○○さん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。
または
(近い内に/容態が良くなられたら/いずれ)(病院/そちら)へもお伺いしようとは思っておりますが、まずはお見舞まで。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について