お見舞い(交通事故_客先社長宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(交通事故_客先社長宛)送り状メール文例

お見舞い(交通事故_客先社長宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(謹んでお見舞い申し上げます/○○社長様(の入院を/が交通事故に遭われたと)お聞きし、メールいたしました/○○社長様のお早いご回復をお祈りします/心ばかりのお見舞いをお送りしました)


株式会社 ΟΟΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
○○社長様(には/おかれましては)(お具合/お加減は)いかがでしょうか。ΟОΟ株式会社の○○です。
または
平素は、大変お世話になっております。 ΟОΟ株式会社の○○です。
または
日頃より、格別のご(高配/愛顧)を賜り心よりお礼申し上げます。
または
貴社におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛)のこととお慶び申し上げます。
 
(過日/先般/先日)、(ΟΟ様より承り/営業担当より報告があり)、貴社のΟΟ社長様が交通事故(に遭われて/で)(入院された/療養されている)とのこと、(心より/衷心より/謹んで)お見舞い申し上げます。
 
お聞きしましたところ(入院後/今)は、(経過も順調で/容態も安定して/怪我の程度も軽く)ご(回復/快方)に向かわれていると(ΟΟ様/貴社社員の方)からお伺いし、胸をなでおろした次第です。
または
(当初より回復されている/ΟΟ様からお聞きしたところ、ΟΟのまま/もう暫らく完治にはかかる)とのことで(何よりに存じます/安堵しております/私どもも心配しております)。
 
(本来なら直ちにも/他ならぬΟΟ様の一大事であり、何をさし置いても)(お見舞いにお伺いすべきではありますが/拝顔にてお見舞いを申し上げたく存じますが)、(養生が何より大切と存じ/病室を騒がせてはいけませんので/治療の邪魔をしては申し訳ございませんので)、(まずは/取り急ぎ)(心ばかりの/ささやかながら)お見舞い(の品)を(お送りします/お送りいたします)。(私どもの気持ちとしてお納めください/お手数ですながら○○社長様にお渡しいただけますようお願いします)。
 
日頃、お元気なΟΟ様ですから(慣れない病院暮らしは何かとご不自由があろうとは存じます/何かとご心配とは存じます)が、(このうえ/今/この際)は、完治に向けて(養生専一/ご治療)に努められ、一日もの早い(ご回復/ご復帰)されますように(心より/衷心より)お祈り申し上げます。
 
(甚だ簡単ではあります/メールにて失礼とは存じました)が、(まずは/取り急ぎ)お見舞い申し上げます 。
または
(近い内に/容態が安定したら/いずれ/後日にでも)お見舞いへお伺いしたく存じますが、まずはお見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

送り状(見舞/快気)メール文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について