お見舞い(交通事故_知人宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(交通事故_知人宛)送り状メール文例

お見舞い(交通事故_知人宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い申し上げます/お怪我の具合はいかがでしょうか/お加減はいかがでしょうか/お早いご回復をお祈りします/心ばかりのお見舞いを送りしました)


(ΟΟさん/ΟΟ君/ΟΟ様)へ
または
ΟООΟ (様/さんへ)
 
(お加減は/体調は)いかがでしょうか。○○です。
または
(今日/昨日/先日)、ΟΟのときΟΟ(さん/君)から(あなた/ΟΟさん/ΟΟ君)が交通事故(に遭って/で)(入院した/療養している)とお聞きしました(が、お怪我の具合はいかがでしょうか/が、お加減はいかがでしょうか/。(何ともお気の毒なことで)心からお見舞い申し上げます)。
 
(聞くところでは/この前、お伺いした時より/ΟΟさんの話によりますと)、(ご回復されている/まだ、ΟΟのまま/気落されてる)とのことで、(何よりです/少し安心いたしました/私どもも心配しております)。
または
(幸い/一時は意識不明の重体だったようですが)、(大事には至らなかったとのことなので/手術は成功したとのことなので/命に別状がないとのことで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一安心/安堵)しました。
 
(本来なら直に/他でもない(ΟΟさん/ΟΟ君/ΟΟ様)のことですから、何をさし置いても)(お見舞いにお伺いすべきですが/お見舞いへ行こうとは思いましたが/励ましに行きたいのですが)、(お騒がせしてはいけないでしょうから/(治療/リハビリ)のお邪魔になってはいけません/そうもいかない/中々それも叶いません)ので、(お見舞い(の品)/こちらの特産ΟΟ/お元気を出してもらえるように○○)を(お送しました。どうぞお受け取りください/お送りいたします。何かにお役立てください)。
 
(ΟΟさん/ΟΟ君/ΟΟ様)におかれましては、何はともあれそのことは(早く忘れて/あまり思い悩まず)、完治に向けて治療に専念されてください。
 
私(も陰ながら/には何もできませんが)、ΟΟ(さん/君)が一日も早いご(回復/完治)されることを心からお祈りいたします。
または
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)(病院/そちら)へも行こうとは思いますが、まずはお見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について