お見舞い(重篤_親戚宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(重篤_親戚宛)送り状メール文例

お見舞い(重篤_親戚宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い申し上げます/(お具合/お加減)が良くないとお聞きし、メールしました/お早いご回復をお祈りします/心ばかりのお見舞いを送りしました)


(叔父様/叔母様/ΟΟさん)へ
または
ΟООΟ (様/さんへ)
 
(お加減は/体調は)いかがでしょうか。○○です。
または
(叔父様/叔母様/ΟΟさん)、その後の(お加減/体調/怪我の具合/リハビリの調子)はいかがですか。○○です。
 
(ΟΟさんの話によると/母から聞いたところでは)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(のご病気は完治には少しばかり時間がかかる/は、今もまだΟΟのまま/は、辛いリハビリを頑張っている)とのことですね。(私たち皆が/僕たちも)(叔父様/叔母様/ΟΟさん)のご回復を心がらお祈りしております。
または
(聞きますれば/お聞きしたところでは)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)の(ご病気/お怪我)は(完治には今しばらく時間を要する/暫らく治療に専念しなければならない/当分は療養が必要)とのことなので、(ご不自由でしょうが/何かとご心配もあろうかとは存じますが/焦る気持ちもあるでしょうが)どうか治療に専念されてください。(私たち皆が/僕たちも)陰ながら(叔父様/叔母様/ΟΟさん)の早いご回復をお祈り申し上げておきます。
 
(本来なら直に/他でもない(叔父様/叔母様/ΟΟさん)のことですから、何をさし置いても)(お見舞いにお伺いすべきですが/お見舞いへ行きたいのですが/お顔を見てお見舞いを申し上げたいのですが)、(まだそのような状況ではないそうなので/治療のお邪魔をしてはいけませんので/病室をお騒がせしてはいけませんので/面会もできないいとのことですから/今はまだ遠慮するのが良かろうと思い)、(お見舞い(の品)/お元気を出していただけるように○○)を(お送いたしました。/ご自宅へお送りしまます。何かにお役立ていください)。
 
(まずは、お見舞いまで/取り急ぎ、お見舞い申し上げます)。
または
(ご容態が良くなられたら/いずれ/ご面会ができるようになりましたら)お見舞いにもお伺いしたいと思いますが、(まずは、お見舞いまで/メールで失礼ながらお見舞い申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について