お見舞い(重篤_同僚家族宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(重篤_同僚家族宛)送り状メール文例

お見舞い(重篤_同僚家族宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い申し上げます/(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)へお大事にとお伝えください/お早いご回復をお祈りします/心ばかりのお見舞いを送りしました)


(奥様/ご家族の皆様)へ
または
ΟООΟ (様/さんへ)
 
(突然失礼します/(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)のことでメールいたしました)。私は(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)と(同じ部署/会社で同僚で/同期入社の)○○と申します。
または
(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)の(お加減/調子/お怪我の具合)はいかがでしょうか。何々の○○です。
 
(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)の(お加減/体調/怪我の具合)は、(その後、/今は)いかがでしょうか。
または
(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)の(お加減/ご容態/具合)が、(芳しくない/良くない)とのことで、(謹んで/心より)お見舞い申し上げます。
 
(本来なら/(他でもない/日頃お世話なっている/共に働く仲間である)(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)のことですから、(何をさし置いても/直ぐにも)(お見舞いにお伺いすべきですが/お見舞いへお伺いしたく存じますが/励ましに行きたいのですが)、(今はまだ面会もままならないとのことな/(状況/病状)が良くないとのことな/治療のお邪魔をしてはいけません/病室を騒がしてはいけません/暫らくは遠慮したほうが良いとのことな)ので、(まずは/取り急ぎ)(○○課一同/同僚の有志一同)からお見舞い(の品)をお送りし(ました/ます)。(遠慮なくお受け取りください/何かに役立てください)。
 
お話によりますと、(術後の経過が芳しくない/入院以来、小康状態のまま/いまだΟΟのまま)とのことで、(私達も心配しております/奥さんのご不安なお気持ちお察しします/ご家族の皆様もさぞやご不安な思いでおられるのではと案じております)。
または
お聞きしましたところ、(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)の病気は、(たいへん難しい/療養にはかなり時間がかかる/肉体的にかなり辛い)とのことなので、(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)へ(自分を信じ/弱音なんか吐かず/絶対に病気に打ち勝つという強い信念を持ち)、今の(苦境/状況/辛さ)を克服していただくよう(皆が/私達も/僕達も)(祈って/願って)ますとお伝え(ください/いただきたく存じます)。
 
また、(ご家族/奥様)の(ご心労/ご心痛/ご苦労)はたいへんなものでしょうから、くれぐれも(無理などなされないで/体調に気を付けられて)(介護/看護/看病)にあたられてください。
 
(私達皆で/私共皆で/僕も/私も)(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ主任/ΟΟ先輩)が、(ご回復/お元気)になるように、陰ながら祈っておきます。
 
(まずは/甚だ略儀ながら)、書中にてお見舞い申し上げる次第です。
 
または
 
(いずれ/(ご容態/病状/状態)が良くなられたら/面会ができるようになりましたら)お見舞いにもお伺いしたいと思いまが、まずはお見舞い(申し上げます/まで)。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

送り状メール文例と書き方

各種送り状(見舞/快気)メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

送り状(見舞/快気)メール文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について