お見舞い(地震_友人宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(地震_友人宛)送り状メール文例

お見舞い(地震_友人宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(地震の被害、心よりお見舞い申し上げます/今度の地震は凄かったみたいだね。/早く元に戻るよう祈っときます/(無事で/怪我とかなくて)よかったよ/心ばかりの見舞いを送りました)


ΟООΟ (君/さん)へ
 
(もう落ち着いたか/まだ大変な状況なのだろうね)。何々の○○です。
 
(昨日/今度)の地震では(ΟΟ(さん/君)/あなた/お前)の(ところ/家)も激しい揺れがあって、大きな被害があったそう(で、心よりからお見舞い申し上げます/ですね。天災とないえ皆様の(無念/心痛/悔しい思い)お察しします)。
 
(大きな地震だったようたが/聞いたところでは)、(ΟΟ(さん/君)/あなた/お前)をはじめご家族の皆さん(が無事だった/に怪我がなかった)とのことで(一安心したよ/不幸中の幸いだったね)。
 
(本来なら直ぐに/(他でもない/日頃から親しくしてもらってる)(ΟΟ(さん/君)/あなた/お前)のことだから何をさし置いても)(応援/片付けの手伝い/お見舞い)に(駆けつけないといけないけど/行きたいが)、(そちらの様子が分からないので/取り込み中だろうから/中々そうもいかないから)、(まずは/心ばかりの/(ささやか/僅かばかり)で申し訳ないが)、(お見舞い/○○)を送り(ます/ました)。(遠慮なく受け取ってください/何かにお役に立てください。)
 
(これから/後片付けなど/大きな被害で)(復興/復旧)はたいへんだとは思うが、一日も早く平穏(が訪れます/な生活に戻れる)よう(私達/私/僕)も祈っときます。
 
(まずは/取り急ぎ)、お見舞いまで 。
 
または
 
(遠方のため/今の状況では)、(私達/私/僕)には何もできないので(心ばかりの/僅かだけど)お見舞いを(同封し/送り)ます。何か(にお役立て/の足しにして)ください。
 
(これから/後片付けなど)たいへんだろうが、(私達/私/僕)も(応援/出来ることは協力する)(ΟΟ(さん/君)/あなた/お前)も(頑張れよ/元気させよ)。
 
(後日/いずれ/落ち着いたら/近々)そちらに行きたいと思っているが、まずはお見舞いまで。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方

各種お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について