お見舞い(火事_親戚宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(火事_親戚宛)送り状メール文例

お見舞い(火事_親戚宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(この度の(こと/ご災難/○○火災)、(心から/謹んで)お見舞い申し上げます/早く平穏を取り戻されますようお祈り申し上げます/僅かですがお見舞いをお送りいたしました)


(叔父様/お兄様/ΟΟさん)へ
または
ΟООΟ (様/さんへ)
 
(ご無沙汰しております/皆さんご無事でまずは安堵いたしました)。何々の○○です。
 
(先日/この度)の(火災/災難/災害)では、(叔父様/叔母様/(お兄/お姉)(さん/様)/ΟΟさん)の(ご自宅/お宅/納屋/ΟΟ)が(全焼/半焼/焼失され/ご被害に遭われ)ましたこと、(衷心より/謹んで)お見舞い申し上げます。
 
(幸いにも/お聞きしたところでは)(叔父様/ΟΟさん)やご家族の皆さんは(お怪我がない/大丈夫)とのことで、(何はともあれ/一先ずは)(安心/安堵)いたしましたが、(叔父様/ΟΟさん)や皆さんの(ご落胆/ご無念の思い/お力落とし)はいかばかりかと(察するに余りあります/ご同情申し上げます)。
 
(本来なら直ちにも/(他ならぬ/何かとお世話になっている)(叔父様/叔母様/(お兄/お姉)(さん/様)/ΟΟさん)のことですから何をさし置いても)(お見舞い/片付けのお手伝い)に(駆けつけなければと/お伺いしたい)と思いますが、(ご様子も分かりませんので/取り込み中ではと遠慮し/遠方でもあり/それも叶いませんので)、(まずは/心ばかりの/(ささやか/僅かばかり)で(恐縮ではあります/申し訳ありません)が)、(お見舞い/○○)をお送りいたしま(す/した)ので、(遠慮なくお受け取りください/何か(にお役に立て/の足にして)ください。)
 
(思いもよらぬことに/突然のことに/予期せぬことに/予想だにできないことに/不測の災厄ではあり)、(叔父様/叔母様/(お兄/お姉)(さん/様)/ΟΟさん)には(ご心労が/ご心痛/お力落し)(があるかとは存じ/もあるとは思い)ますが、(皆様のお力を合わせてこの苦境を克服されます/お気持ちをしっかり持たれて以前の平穏を取り戻されます/くれぐれもご自愛くださいます)よう、(心より/切に)お祈り申し上げるばかりです。
 
(まずは/取り急ぎ/略儀ながら/メールで失礼ではありますが)、お見舞いを申し上げます 。
または
(後日/いずれ/落ち着かれたら/様子をみて)(お伺いし/そちらに行き)ますが、まずはお見舞いまで。
 
(最後とはなりましたが/時節柄)、(ご家族の皆様/○○さん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方

各種お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について