お見舞い(火事_友人宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(火事_友人宛)送り状メール文例

お見舞い(火事_友人宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(この度の(こと/災難)、心からお見舞い申し上げます/早く元の平穏を取り戻せるように祈っときます/僅かだけどお見舞いを送りました)


ΟООΟ (君/さん)へ
 
(もう落ち着いたか/まだ大変な状況なのだろうね)。何々の○○です。
 
(昨日/先日/今度)の(火事/災難/災害/こと)で(ΟΟ(さん/君)/君/あなた/お前)の(ところ/家/ΟΟ)が(全焼した/半焼した/被害に遭った)とのことで、心よりお見舞い申し上げます。
 
(幸い/聞いたところでは/○○君によると/話では)、(君/あなた/お前)やご家族の皆さんは(怪我はなかった/無事だった/大丈夫だった)ようなので、(何はともあれ/一先ずは)安心したよ。
 
(本来なら直ぐに/(他でもない/日頃から親しくしてもらってる)(ΟΟ(さん/君)/あなた/お前)のことだから何をさし置いても)(お見舞い/何か手伝い)にも(駆けつけないといけないけど/行きたいが)、(そちらの様子が分からないので/取り込み中だろうから/中々そうもいかないから)、(まずは/心ばかりの/(ささやか/僅かばかり)で申し訳ないが)、(お見舞い/○○)を送りま(す/した)。(遠慮なく受け取ってください/何かにお役に立てください。)
 
まったく(予想もしない/思いもよらない)ことで、(力を落とし/気落ち)しているのだろうが、(落ち込んでばかりいても仕方ないから/気持ちをしっかり持って/家族の皆さんと力を合わして)一日も早く(平穏な生活/以前の暮らし/元気)を取り戻すように(して/頑張って)(くださいね/くれな)。(私たち/僕/私)には、何もできないけど(ひたすら/陰なら)祈っときます。
 
(まずは/取り急ぎ)、お見舞いまで 。
または
(追って/落ち着いた頃に)(連絡しますが/そちらに行こうと思いますが)、(取り急ぎ/まずは)お見舞い申し上げます 。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方

各種お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について