お見舞い(近火_知人宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(近火_知人宛)送り状メール文例

お見舞い(近火_知人宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(近火お見舞い申し上げます/この度の(こと/ご災難)、(心から/謹んで)お見舞い申し上げます/早く平穏を取り戻されますようお祈申し上げます/お見舞い(の品)をお送りいたしました)


ΟООΟ (様/さんへ)
 
(ご無沙汰しております/ご無事で何よりでした)。何々の○○です。
 
(先日/昨日/この度)の(火事/火災/○○火災)は、(ΟΟさん/君/あなた)の(ご自宅/お宅/納屋/ΟΟ)の(お近く/お隣)(だった/で起きた)とのことで(心よりお見舞い申し上げます/大変でしたね)。
 
(本来なら/(他ならぬ/日頃親しくしていただいている)(ΟΟさん/君/あなた)のことですから)(何をさし置いても/直ぐに)お見舞いに(駆けつけなける/お伺いす)べきですが、(遠方でもあり/それも叶いませんので/取り込み中ではと遠慮し)、(まずは/心ばかりの/ささやかながら)お見舞い(の品)をお送りいたしま(す/した)ので、(遠慮なく/どうぞ)お受け取りください。
 
(幸いにも/承れば/お伺いしたところ/お聞きしたところ)、(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんに(お怪我/ご被害)はなかったとのことで、私も(一先ず/何はともあれ)(安堵/安心/胸をなでおろ)しました。
 
(とは言いましても/そうは申しましたも)、(予想もしない/思わぬ)(災難/騒ぎ)に(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんも(お疲れ/ご心労)があることでようから、くれぐれも(ご自愛/ご無理はなさらないで)ください。
 
(まずは/取り急ぎ/(甚だ略儀ながら/メールで失礼とは存じましたが)、お見舞いを申し上げます 。
または
(後日/いずれ/落ち着かれたら/ご様子をみて)(お伺いし/そちらに行き)たいと思っておりますが、まずはお見舞いまで。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方

各種お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について