お見舞い(水害_両親宛)送り状メール文例と書き方

お見舞い(水害_両親宛)送り状メール文例

お見舞い(水害_両親宛)_送り状メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(早く平穏が訪れますようお祈しています/(洪水/集中豪雨/浸水)の被害、心よりお見舞い申し上げます/お見舞いをお送りしました)


(お父/お母)(様/さんへ)
 
(ご無沙汰しております/昨日は大変でしたね)。何々の○○です。
 
(昨日/先日/この度)の(大雨では/集中豪雨で/○○川の氾濫では)、(お父様/お母様)の(ところ/周辺地域)/家)も(被害があったとの/被害に遭われました/浸水被害があった)ことで、(心よりお見舞いを申し上げます/心配し(ています/ました)。今はもう落ち着きましたか/もう(水は引い/心配ない)たそうですが、ご心労お察しいたします)。
 
テレビのニュースで大雨の状況が報道されて、直ぐに電話を入れたのですが一時連絡がとれませんで心配しましたが、ご無事の知らせに(安堵/一安心)しました。
 
(本来なら直ぐにも/他ならぬ(お父様/お母様)のことですから何を差し置いても)(お見舞い/お片付けのお手伝い)にに駆けつけるべきですが、(遠方でもあり/中々それも叶いません/たいへんな状況ではないかと考えまして)、まずは、(心ばかりのお見舞いを送り/(お父様/お母様)のお好きな○○をお送り/元気を出していただきたく思い○○をお送り)しますので、お受け取りください。
 
後片付けなどご苦労も多いと思いますが、一日も早く(元の生活に戻れ/平穏が訪れ)ますようお祈りしてしてます。
または
ここ数日のお疲れがあろうかと思います。(お父様/お母様/皆様)にはくれぐれも(ご自愛/ご無理をなさらないで/お身体にご留意)くださいませ。
 
(取り急ぎ、お見舞いまで/メールで失礼ながらお見舞いを申し上げます)。
または
(いずれ/落ち着かれたら/○○には)(帰省/お見舞いにお伺い)したいと思ってますが、まずはお見舞いまで。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方

各種お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞い(災害/災難)_送り状メール文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について