お見舞いメール 事故 文例,例文,書き方

事故お見舞いメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

お見舞いメール 事故 文例(第一報_取引先宛)


件名:(皆様にお怪我などございませんでしょうか/貴社のОΟ事故に驚き、ご連絡いたしました/この度のОΟ事故、心よりお見舞い申し上げます)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(只今のニュースで/本日の新聞で/ΟΟ様より)、貴社(ΟΟ工場/ΟΟ店/が元請の現場)で(人身/爆破/崩落/ΟΟ中毒)事故があったと(知り/お聞きし/お伺いし)、(誠に/たいへん/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
(承れば/伺えば)(負傷された/怪我をされた/被害に遭われた)方もおられるとのことで、心よりお見舞いを申し上げます。
 
詳しいことはわかりませんが、貴社では(日頃/平素より)(安全管理/品質管理/衛星管理)には(十分/厳格)に(注意/留意)されていたことを存じあげておりましたので、(今でも信じられない/何かの間違いではとの/何か不可避なことでもあったのではとの)思いでおります。
 
(予想もしない/思わぬ)事故で皆様の(ご心労/ご心痛/お疲れ)は、お察しするに余りありますが、くれぐれもお力落としされませんよう、(心/衷心)よりお願いいたします。
 
直ぐにもお伺い(すべきですが/したいところですが)、まずは(お見舞い申し上げます/ご連絡いたした次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

お見舞いメール 事故 文例(甚大_取引先宛)▼

お見舞いメール 事故 文例(軽微_取引先宛)▼

お見舞いメール 事故 文例(見舞金送り状_取引先宛)▼

不慮の事故お見舞いメール 文例(軽微_知人宛)▼

不慮の事故お見舞いメール 文例(甚大_知人宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項