暑中見舞い兼お中元の送付状(上司宛)メール文例と書き方

暑中見舞い兼お中元の送付状(上司宛)メール文例

暑中見舞い兼お中元の送付状(上司宛)_メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(暑中お見舞い申し上げます/暑いですがいかがお過ごしですか/お暑いですが、お元気ですか/○○の○○です)


ΟООΟ 様
 
○○の○○です。
 
暑中お見舞い申し上げます。
 
盛夏のみぎり、○○(様/課長/部長)にはお元気にされているとのことで、何よりに存じます。
または
猛暑の候、○○(様/課長/部長)には益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
または
(暑い日が続きますが/梅雨が明けとともに本格的な夏となりますしが/(ΟΟ様方/○○(様/課長/部長)をはじめご家族の皆様には)、(お変わりありません/(お元気に/いかが)お過ごし)(でしょうか/ですか)。
 
日頃は、(公私共に何かとお心遣いただきまして主人共々/家族ぐるみで(ご交誼/厚情)を賜り、)感謝いたしております。
 
若輩の私どもですが、今後とも(ご指導、ご鞭撻/ご高配)を賜りますようお願い申し上げます。
 
平素の感謝の気持ちを込めまして、ささやかながらお中元の品を別便にてお送りしましので、(ご笑納ください/遠慮なくお受け取りくださいませ)。
 
または
 
(先日/先/この度/私/主人)の(昇進に際しては、多大なお力添え/病気療養の折には、何かとご配慮/(転属/転勤)に際して並々ならならないご尽力)を賜り、(心より/夫婦共々)感謝いたしております。
 
(私どもは/私は)、これかもΟΟ(課長/部長/様)の(ご厚意/温情)(に応えるべく/忘れることなく)、(一心に頑張って/努力して/精進/こちらでの仕事に励んで)まいりますので、これからも、変わらぬご交誼をお願い申し上げます。
 
(本日/つきましては)、(日頃の/心よりの)感謝の気持ちを込めまして、ささやかではありますがお中元の品を(別送/宅急便でお送り/○○デパートからお送り)いたしました。どうぞ(ご笑納ください/お受け取りくださいませ)。
 
暑い日が続きますので、(皆様/○○(部長/課長/様)をはじめご家族の皆様方)(くれぐれもご自愛くださいませ/お身体お気を付けください)。
または
○○地方は、節電を呼びかけているようですが、くれぐれも無理はなさいませんよう(お願いします/お気を付けください)。
 
平成○年盛夏
 
ОΟОΟ
〒000-0000
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000
携帯 000-0000-0000
mail ****@****.***
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

暑中見舞/残暑見舞/お中元送り状メール文例と書き方

各種暑中見舞/残暑見舞/お中元送り状メール文例と書き方一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について