就職祝い(就職浪人_近親者)ご招待メール文例と書き方

就職祝い(就職浪人_近親者)ご招待メール文例

就職祝い(就職浪人_近親者)_ご招待メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(○○就職祝いをしますので、是非お越しください/○○就職祝いのご案内/○○就職のお祝いのご案内を申し上げます/(お陰様で何とか/ご心配をおかけしましたが)、○○も就職できます)


ΟООΟ 様
または
(お父様/お母様/叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/○○さん)へ
 
(お父様/お母様/叔父様/叔母様/○○さん/皆様/ΟΟ様)におかれましては(ご機嫌麗しく元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりなくお過ごしでしょうか/お元気でしょうか)。
または
ΟΟな季節となりましたが、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/○○さん)には(ご機嫌麗しく元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりなくお過ごしでしょうか/お元気でしょうか)。
または
(日頃より/子供たちのことでは)、(何かと/いろいろと)(お心遣いいただきありがとうございます/お世話いただき、感謝いたしております/ご心配をおかけしまして申し訳ございません)。
 
さて、(先日お伝えしましたように/ご心配をおかけしましたが)、この度(長男/長女/○○)○○が(晴れて/何とか/無事に)(○○の株式会社○○に正社員として/公務員試験に合格し、地元の○○○に)就職(できる/する)ことになりました。
 
(不景気の影響で/急激な経済情勢の悪化で思いもよらない内定取り消しを受けたことで/昨年は、本人の希望する分野の採用がなかったことで)○○卒業後(も就職活動を続けていました/は派遣で働いてました/就職浪人してました/アルバイトなどしていました)が、(正社員とて/○○に/就職の)(内定をいただき)(来春から/来月から/○○には)(就職します/働きはじめます)。(私たちもこれでやっと安心できました/少し時間はかかりましたが、本人の希望が叶って私たちも嬉しく思っています/就職が決まり、○○にもやっと笑顔が戻ってきました/○○のことではΟΟ様方にご(心労/心配)をおかけしてしまい申し訳ございませんでした)。
 
つきましては、(帰省するのに合わせて/あちらを引き払い帰ってくる)(来る○日/○月○日/今度の日曜日、○日)の○時から就職のお祝いを(しようと思いまして/することにいたしましたので)、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/○○さん)にも(ご都合がよろしければ/お忙しいかとは存じますが)、(来て/お越し)いただけないかとご案内をさし上げ(ました/た次第です)。
 
当日は、我が家にささやかな(祝宴/小宴)を(用意し/準備し/整え)ますので、○○(がこれから社会で活躍できるよう祈りつつ、就職活動の苦労を労って/の社会人としての門出をお祝い)していただければ(幸いに存じます/嬉しいです)。
 
○○、就職祝いのご案内まで。
 
*************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

ご招待メール文例と書き方

各種ご招待メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について