見舞状(病気_上司宛)文例と書き方

見舞状(病気_上司宛)文例

見舞状(病気_上司宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(今日/昨日/今朝)、課長からΟΟ(部長/専務)がご病気で入院されたとお聞きして、たいへん驚きました。 日頃から(重責を担って/遅くまで残業して/ご多忙にされて)おられたため、(疲れが出たのではないか/無理をなさったのではないか/心労が溜まっておられたのではないか)と(案じて/心配)いたしております。(その後の経過/今のお加減/お具合)はいかがでしょうか。
人一倍責任感の強いΟΟ(部長/専務)のことですから、いろいろ仕事のことが気にかかることでしょうが、 どうか(ご養生/ご療養)に専念されますようお願いいたします。私達(も陰ながら/には何もできませんが)、ΟΟ(部長/専務)の一日も早い(ご回復/全快)を心からお祈りいたします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へお伺いいたすつもりですが、まずはお手紙でお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

株式会社 ОΟОΟ
営業部 ОΟОΟ 又は 一同


 

見舞状文例と書き方

各種見舞状の文例と書き方一覧と見舞状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について